I'm on my way

ほぼ毎日更新!バイク情報ブログ [HONDA NC700X]
I'm on my way TOP  >  NC700X整備記録

ホンダ NC700X 4年半でバッテリー交換

久しぶりの愛車ネタです。 しかし今年はスッキリ秋晴れの日が少ないですね。 台風も多く、8月の夏休み後から9月終わりまで、ツーリングにほとんど行けずじまいです。 明日はスッキリ晴れるらしいので、久しぶりに何処かにツーリングに行ってみようかと思ってます。

今回のネタですが、先日NC700Xのバッテリーを交換しました。 1週間程前に愛車のNC700Xに乗ろうと思った所、バッテリーが上がってる…。 新車で買って4年半、そろそろかなぁと思っていましたが、いきなり来ましたね。 とりあえず車のバッテリーからジャンプケーブルでエンジンを掛けました。 その日はバッテリーが弱ってきたから充電しようかな位に思っていたのですが…。

それからですが、後日高速を走って中央道境川PA(上り)にトイレ休憩したときの事です。 エンジンを切ってトイレに行き、再び乗り出そうかなと思った所、セルをかけたら…

「キュルキュルキュキュ…・ジー、ジー…」 (´;ω;`) 

うっそ~! さっきまで高速走ってたのにぃ~! と、まさかの高速のPAでエンコ…(笑)。 観念してJAFを呼びました。 JAFに入ってて良かったなぁ~! 救援に駆けつけてくれたJAFの人が電圧を測ってくれたのですが、12.5V出ているそうです。 エンジンを掛けると13.8Vまで上がるので、ジェネレーターは問題なし。 バッテリーを交換したほうが良いと言われたので、帰ってからバッテリーを注文しました。 JAFの人にジャンプケーブルでエンジンを掛けてもらったので、その後はエンストしないように気をつけて走って、その日のその後は無事でした。 

ブログの記事的には、これから秋でバッテリー交換を考える人も多いと思いますから、ちょっと美味しいネタだったかな?(笑) 新車の時に装着されていた純正バッテリーですが、約4年半の寿命でした。 乗り方にもよるとは思いますが、平均で3年程度の寿命と考えると、程々使えたのではないかなと思っています。

NC700Xに搭載されているバッテリーですが、NC700Xの純正バッテリーはGSユアサのYTZ12Sという型番です。 調べてみたら、NC750X(RC72)の純正バッテリーは、ちょっと容量が多いGSユアサのYTZ14Sを使っています。 YTZ12Sが11Ah、YTZ14Sが11.2Ahと、若干容量が多いですね。 GSユアサのHPで調べた所、YTZ12SとYTZ14Sは大きさも同じなので、YTZ14Sを使ってみることにしました。

とは言っても日本のGSユアサ製は高いので、今回は台湾ユアサの製品を使います。 YTZ14S互換の「TTZ14S」をネットで頼みました。 Amazonでは初期充電をしたTTZ14Sが7400円程度、楽天だと電解液を自分で補充して、初期充電も自分で行うタイプで6400円程度だったので、ネタとして後者の電解液を自分で補充するTTZ14Sを購入しました。 

届いた製品がこちら! 左が純正のGSユアサ製 YTZ12S、右が今回買った台湾ユアサ製のTTZ14Sです。 
NC700X_BatteryChange_TTZ14S001.jpg

ネットで購入した品ですが、バッテリー内部の電解液(希硫酸)が別に付いています。 希硫酸を自分で入れますので、注意して作業します(怖っ…)。 
NC700X_BatteryChange_TTZ14S002.jpg

といっても、それ程危険ではありません。 マニュアル通りに電解液が入っている容器ををブスっと上から刺して、バッテリーに補充している図。 車庫のコンクリ土間の所で、窓を開けて作業を行いました。
NC700X_BatteryChange_TTZ14S003.jpg

電解液(希硫酸)を入れた後、1時間ほど蓋を上に乗せてそのままにしておきます。 その後は蓋をプラハンマーで叩いて密閉状態にした後、バッテリーチャージャーで初期充電を行います。
NC700X_BatteryChange_TTZ14S004.jpg

ちなみに使っているバッテリーチャージャーですが、セルスターのDR-300です。 Amazonでは実売価格3600円程度で購入できます。 密閉式のバッテリーにも対応している品です。 車は小型自動車までとなっていますが、車のバッテリー型番のXXB19R(L),XXB20R(L),XXB24R(L),XXC24R(L)等にも使える仕様となっています。 壊れてしまった以前のバッテリーチャージャーは、内蔵ファンが有って煩かったのですが、こちらはファン無しで静かです。

約9時間充電して充電完了。 NC700Xのバッテリースペースに、新品バッテリーのTTZ14Sを入れて接続します。 ご覧の通り、ちゃんとバッテリースペースに収まっています。
NC700X_BatteryChange_TTZ14S_t001.jpg

バッテリーを交換後ですが、当然のことながら、エンジンを掛けるとセル一発でエンジンがかかります。 バッテリーの評価ですが、やはり『どの位の期間持つか』ですよね。 台湾ユアサでも3年持てば良い方かな? 日本製のGSユアサで4年半持ったので、3年使えれば御の字かと思います。

最近気になっているのが、車のジャンプスタートにも使える携帯型リチウムイオンバッテリーです。大きさは筆箱位の大きさですが、13,600mAhも容量があるものが6000円程度で買えますし、バイクや車のジャンプスタートにも使えるバッテリーです。 車のバッテリーでも、回数は3-5回分はジャンプスタートできるらしいですね。 勿論スマホ、タブレット、パソコン等の充電にも使えるので、モバイルバッテリー代わりにもなります。 LEDライトもついている優れものですから、長距離ツーリングや災害の時などにも役に立ちます。 それを今度購入してみようかなと考えています。

BESTEK ジャンプスターター 12V車用エンジンスターター 13600mAh 出力5V/12V/19V
by カエレバ


セルスター(CELLSTAR)バイク用バッテリーにも最適 バッテリー充電器(フロート+サイクル充電)12V専用 DRC-300
by カエレバ


TAIWAN YUASA [ 台湾ユアサ ] シールド型 バイク用バッテリー TTZ14S
by カエレバ

[ 2016年10月14日 17:00 ] カテゴリ:NC700X整備記録 | TB(0) | CM(0)

ホンダ NC700X エンジンオイル交換 【45,522km走行時】

皆さんは、どのような夏休みを過ごされたでしょうか? 8月13-21日まで夏休みの方も居ると思いますが、私の夏休みは終わってしまいました…(笑)。 私ですが、家内の実家に家族で帰省していたので、夏休み中は全くバイクに乗れずじまいの夏休みでした。
 
今回ですが、前回のオイル交換から5000キロ以上走っているので、NC700Xのオイル交換をしています。 今回の距離は、前回が2016年3月の40,009kmでしたから、走行距離5,513kmでオイル交換を行いました。 

今回交換したオイルの銘柄は、モービルのバイク用オイル Super4T 10W-30(鉱物油)です。 今まで車用の5W-40を使い続けていましたが、ホンダの指定オイルであるホンダG1 10W-30相当のこのオイルに今回は交換してみました。
2016_0817_oilchange.jpg
まだ8月の残暑が厳しいさなかですが、ホンダの指定粘度である10W-30相当で真夏に走っても大丈夫なのか?という疑問があったので、敢えてこのモービル Super4T 10W-30に交換してみました。

ホンダのバイクは、例えばSSのCBR1000RRでも指定オイルはホンダG1 10W-30なので、基本に立ち返ったという感じですね。 今回のオイル交換も、また5000キロ近く走ってみて、その後のフィーリングが5W-40と変わらないようであれば、次回からは10W-30を入れてみても良いかなと思います。

参考に今までNC700Xでオイル交換した時期と銘柄をまとめてみます。

NC700X 2012年4月4日納車
2012年 4月 746km /SUMIX GX100 5W-40
2012年 5月 1,803km /SUMIX GX100 5W-40 + スーパーゾイル 300ml
2012年 8月 8,550km /SUMIX GX100 5W-40
2013年 4月 13,200km /SUMIX GX100 5W-40
2013年 7月 17,906km /SUMIX GX100 5W-40
2014年 4月 23,739km /SUMIX GX100 5W-40
2014年 10月 30,042km /カストロール XF-08 5W-40
2015年 6月 34,461km /カストロール XF-08 5W-40
2016年 3月 40,009km/カストロール XF-08 5W-40
2016年 8月 45,521km/モービル Super4T 10W-30

モービルSuper4T 10W-30ですが、ホームセンターのコーナンで、1本税込み700円でした。 今回はエンジンオイルフィルターも交換し、ドレンプラグのドレンワッシャーも新品に交換してあります。

オイルフィルターを交換しているので、オイルを抜いている間、アンダーカウルを清掃しました。 真ん中のグレー部分ですが、いつものように水を含ませたメラミンスポンジ(商品名:激落ちくん)で磨きました。 アンダーカウルがかなり綺麗になったので、メラミンスポンジでアンダーカウルを磨くのはオススメです。

走行距離も4万5千キロを走っているので、秋になって涼しくなったら、エアクリーナーとプラグも変えてみようかなと思っています。 来年4月で2回めの車検ですが、まだまだNC700Xを乗り換えるつもりはありません。 できればNC700Xで、7万キロ~10万キロぐらいは走ってみたいと最近思うようになりました。 

[ 2016年08月18日 17:00 ] カテゴリ:NC700X整備記録 | TB(0) | CM(0)

2016夏前のメンテナンス Fブレーキキャリパー清掃編

関東も梅雨入りしたということで、夏に備えてのメンテナンスを行いました。 毎回夏前に行っているメニューのフロントブレーキキャリパーの清掃です。

いつものように、フロントブレーキキャリパーのパッドピンを8mmレンチで緩めた後、フロントブレーキキャリパーを固定している2本の12mmボルトを取り去り、キャリパーをフロントフォークから取り外します。 NC700Xですが、フロントもシングルディスクなので、その点では整備が簡単で良いです。 考えてみれば、昔乗っていた初代TZR250(1KT)もシングルディスクでしたね。
2016_0607001.jpg
大体1年間8千キロ-1万キロ位走っているのですが、1年分のブレーキダストが溜まっていますね。 この状態からパッドピンを抜き、ブレーキパッド等を全て取り外します。 パッドですが、去年変えたばかりなので、それ程減っていません。 恐らく新品から1/5位でしょうか? ブレーキパッドの溝も十分残っているので、勿論清掃した後にまた使います。

因みに去年ベスラのブレーキパッドに交換したのですが、フィーリングと効きは非常に良いですね。 純正と比べても遜色無いレベルです。

こちらが部品をバラした後に清掃し、ピストンを揉み出しているところです。 ピストンの部分を清掃した後、シリコングリスでグリスアップして、ピストンを揉み出します。 ピストンの固着も無く、両方のピストンがスルスルと動きました。 今回はブレーキクリーナーを吹いて清掃しました。
2016_0607002.jpg
パッドピンは焼け等は無く綺麗でした。 当りは若干ありましたが、特に問題ないのでそのまま使います。 パッドピンには組付けをスムーズにするため、モリブデングリスを薄く塗っておきます。 ブレーキキャリパーを止めているボルトにも、熱かじり防止のモリブデングリスを塗っておきました。 すべての部品を綺麗に清掃した後は、元の順番で組み付けてお終いです。

去年はF/Rのブレーキオイル交換、Fブレーキのパッド交換、F/Rブレーキの清掃をやっておいたので、今年はFブレーキの清掃のみと軽めのメニューになりました。 これでまたこの夏も元気に走れそうです。 NC700Xでは5年目の夏ですが、今年もまた楽しく走りたいですね。

[ 2016年06月13日 17:00 ] カテゴリ:NC700X整備記録 | TB(0) | CM(0)
スポンサードリンク
Ads
プロフィール

コバタケ

Author:コバタケ
ホンダNC700Xに乗る中年ライダーです。基本的に毎日更新のバイク情報Blogなので、よろしくお願いします。

ブログランキング参加中
Blog内検索
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ(タブ)

2017年 03月 【24件】
2017年 02月 【27件】
2017年 01月 【30件】
2016年 12月 【30件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【30件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【30件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【31件】
2015年 12月 【31件】
2015年 11月 【29件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【28件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【29件】
2015年 06月 【31件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【28件】
2015年 01月 【31件】
2014年 12月 【31件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【31件】
2014年 09月 【31件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【29件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【29件】
2014年 01月 【31件】
2013年 12月 【31件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【31件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【32件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【30件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【32件】
2012年 12月 【31件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【32件】
2012年 09月 【32件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【31件】
2012年 06月 【31件】
2012年 05月 【31件】
2012年 04月 【31件】
2012年 03月 【32件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【31件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【33件】
2011年 09月 【30件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【30件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【34件】
2011年 02月 【27件】
2011年 01月 【25件】
2010年 12月 【26件】
2010年 11月 【26件】
2010年 10月 【29件】
2010年 09月 【21件】
2010年 08月 【22件】
2010年 07月 【23件】
2010年 06月 【20件】
2010年 05月 【21件】
2010年 04月 【19件】
2010年 03月 【23件】
2010年 02月 【21件】
2010年 01月 【22件】
2009年 12月 【24件】
2009年 11月 【22件】
2009年 10月 【23件】
2009年 09月 【24件】
2009年 08月 【19件】
2009年 07月 【26件】
2009年 06月 【22件】
2009年 05月 【25件】
2009年 04月 【17件】
2009年 03月 【18件】
2009年 02月 【14件】
2009年 01月 【22件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【15件】
2008年 10月 【11件】
2008年 09月 【11件】
2008年 08月 【12件】
2008年 07月 【5件】
2008年 06月 【2件】
2008年 05月 【1件】
2007年 12月 【1件】
2007年 11月 【4件】
2007年 09月 【1件】

FC2カウンター
リンク
Twitterでツイートしてます