I'm on my way

ほぼ毎日更新!バイク情報ブログ [HONDA NC700X]
I'm on my way TOP  >  NC700Xユーザー車検

ホンダ NC700X ユーザー車検挑戦記 後編

いらっしゃいませ、世界最速でホンダNC700Xのユーザー車検の記事をアップしているのはこちらのブログです(笑)。 日本最速でも良いけど、車検は日本ぐらいにしか無いから世界最速になるでしょ…(笑)。

と、冗談はさておき、昨日のホンダ NC700X ユーザー車検 挑戦記 前編からの続きです。 前編では事前の準備と光軸をテスターで検査するところまでを書いています。

米山自動車さんでライトの光軸調整を受け、自賠責保険に加入した後は多摩の車検場に到着です。 12時半前には入ることができました。
NC700X_UserSyaken_201503009.jpg

ちなみにGoogle Earthからの画像をキャプチャして、建物を上から見た写真を貼っておきます。 (Copyright:@Google Earth)
syaken_tama_birdview.jpg


まずは上の航空写真では2番の棟に行き、車検検査費用を支払います。
NC700X_UserSyaken_201503010.jpg
今回は米山自動車さんで書類等を書き込んでしまいましたが、本来はこちらで書類を入手して書き込む作業をする所です。 受付で「バイクのユーザー車検に来たんですが・・・」と言うと、あれこれと色々親切に教えてくれます。

こちらで支払ったのが、下記の合計5500円です。
・検査登録印紙代 400円
・審査証紙代 1300円
・重量税印紙代 3800円
・(継続車検用用紙 20円)今回は米山自動車さんで頂いたので無料

そうです、重量税と自賠責保険を除いて、純粋に車検の検査にかかる費用は1720円だけなんですね。 バイク屋さんに車検を頼むと、詳しい値段の内訳はあまり教えてくれないので、社会勉強になります(笑)。 ちなみに、本来ならば継続車検用用紙の20円もこちらで払わなければいけないんですが、今回は米山自動車さんで書類は無料で頂けたので、書類用用紙は払っていません。

通常の手順であれば、書類の次は自賠責保険なのですが、私は米山自動車さんで入ってしまいました。 もしこちらの多摩車検場で自賠責保険に入るのであれば、敷地の門を出たすぐ正面に自賠責保険を扱う保険屋さんの店舗があります。 上の写真では4番になります。 ですので、自賠責保険は航空写真4番の保険屋さんで加入することができます。

書類+自賠責保険を入ったら、いよいよこちらの本棟(航空写真1番)に戻ります。
NC700X_UserSyaken_201503009.jpg
午後一の3ラウンド目の書類受付は12時45分ですから、12時45分になったら受付開始です。 現在の車検証、車検検査の書類、自賠責保険、前年度の納税証明書、24ヶ月の点検整備記録簿等をすべてバインダーに挟んで窓口に提出します。

書類上の不備がなければ、多摩車検場の場合はバイク専用のコースに並んでくださいと言われます。 その書類をバックパックに入れて、いよいよ車両検査本番に望みます。

ちなみに車検場の構内は私有地なのでノーヘルOKです。 NC700Xのラゲッジスペースに自分のヘルメットを入れ、ノーヘルで風を切りながら車検のバイク専用コースまでバイクを走らせます。 車検検査を受ける時も手順の説明があるので、ヘルメットは脱いで受けたほうが良いと思います。 (構内でも安全運転を心がけましょう)

こちらがバイク専用コースの入口付近です。 航空写真では3番になります。 写真をクリックすると大きくなりますが、バイクが並んでるのも写真では分かりますね。
NC700X_UserSyaken_201503011.jpg

一番手の人はKTM 390DUKEの新規登録でした。 私はユーザー車検初心者なので、2番手に付けました。

そしてバイク専用コースでの、車検検査が来ます。 何度受けてもココはドキドキしますね(笑)。 最初に受けていたKTM 390DUKEの様子をじっと見て、手順を頭に入れます。

そして私の番! キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! バイク用コースの内側にバイクを乗り入れます。  ここが非常に大きいポイントなのですが、検査員の方にまずは、「バイクのユーザー車検は初めてなので、よろしくお願いします!」と大きな声で挨拶をします。 

検査員の方も、「ああこの人は素人なんだ!」と思ってもらえるので、その後は親切に色々教えてもらえるようになります。 検査員も不要に時間を使いたくないですし、業者の方も沢山居るので、スムーズに車検を受けられるように気遣いして貰えます。 最初から開き直って、「自分は不慣れな素人なんだ」と説明しておいたほうが、ユーザー車検の場合は良いと思いますね。

最初の第1段階は、ウインカーやライトのHi/Lo、ホーン、ブレーキランプ、車体番号の確認をします。 検査員の方の指示に従い、操作します。

次の第2段階では、排ガスのチェックです。 プローブをマフラーに入れて検査します。 ノーマルマフラーなので、この辺りは余裕です。

第3段階では、前後ブレーキのテストとスピードメーターのテストになります。 こちらも係員の指示にしたがって操作すれば、まず問題はないでしょう。 ちなみにNC700Xの場合、スピードメーターを計測しているのは後輪側になります。

そして最後の第4段階でライトの光軸と光量の検査になります。 受かるかどうかドキドキしましたが、米山自動車さんのアドバイスを活かすこと無く、あっさり終了します。

すべての検査に合格し、ラインの先ではんこを貰えば、車検の作業は全て終わりになります。

その後はまた本棟に戻り、車検証と次回車検表示のステッカーをもらいに行きます。 窓口で「検査を全て終わり、合格しました」と伝えて書類一式を渡します。

そして名前を呼ばれた後、新しい車検証とナンバーに貼るステッカーを貰えます。
NC700X_UserSyaken_201503012.jpg

この新しい車検証を受け取ると、ユーザー車検が終わった!という非常に大きな満足感が得られる瞬間です。 そして建物の外に出て、自分のナンバープレートから古い車検表示のステッカーを剥がすと・・・!!!

ナンバープレートの車検表示のステッカーなんですが、盗難されて再利用するのを防ぐために、わざと残りの糊が盛大に残るようになってるんですね…。 車ではフロントガラスの室内側で貼るので分かりませんでしたが、バイクはこうなるんだ…(笑)

ステッカーの糊を剥がそうかと苦戦しましたが、結局そのまま上に貼ってしまいました(笑)。 神経質な人はステッカーの糊を剥がすリムーバーとスクレーパーみたいなものを持っていったほうが良いかもしれません…。 それか、自走してきた人は自宅でゆっくりとドライヤー等を使って張り替えたほうが良いと思います…(笑)。

とにかくこれで車検は終了です。 車でもそうでしたが、案外あっけなく終わってしまうものなんですよね~。 前編と重複しますが、今回の車検にかかった費用を説明します。

今回の費用総額
・自賠責保険 13,640円(24ヶ月)
・検査登録印紙代 400円
・審査証紙代 1,300円
・重量税印紙代 3,800円
・継続車検用用紙 20円(今回は米山自動車さんで頂いたので無料で済みました)
・事前テスター検査(米山自動車さん) 光軸調整 2,160円

今回のNC700Xユーザー車検費用合計:総額21,300円

今回の費用合計額ですが、今回バイクのユーザー車検は合計21300円で車検が通りました。 事前の光軸調整が無ければ、19,180円でしたね。  

恐らく街のバイク屋さんでは5万円程度もしくはそれ以上でしょうから、やはりユーザー車検は圧倒的にお得ですね。 賞味2時間程で済んでいまいますから、平日休みがない人でも、有給を使ってでも何が何でも自分で受けたほうが(笑)、圧倒的に費用ではお得だと思います。 

段取り八分とはよく言ったもので、ユーザー車検はまさに事前準備で書類と車体さえ完璧にしておけば、ライン検査自体は非常に簡単に済んでしまいます。 恐らく書類一式は無くしてなければ問題無いですし(笑)、当日に書き込む書類も例を見ながら書けば非常に簡単です。 最大の難関はライトの照度/角度検査でしょうね。 ライトをHIDに変更している人等も心配でしょうから、米山自動車さんのようなテスター屋さんで事前に見てもらえると安心だと思います。

まさにユーザー車検は「段取り八分」、そして「備えあれば憂いなし」ですね。

[ 2015年03月06日 17:00 ] カテゴリ:NC700Xユーザー車検 | TB(0) | CM(0)

ホンダ NC700X ユーザー車検挑戦記 前編

久しぶりで動画貼り付け以外の、愛車のNC700X関連の記事を書きます。

愛車のホンダ NC700Xですが、2012年4月に納車しているので、2015年の4月で満3年になります。 ということで今回初めての車検を受けることになりました。 自分の車は過去3回ユーザー車検で車検を通しているのですが、今回初めてバイクのユーザー車検に挑戦してみました。

恐らく史上最速でホンダNC700Xのユーザー車検挑戦の記事になる事を狙って、このブログ記事を書いていこうと思います(笑)。

まずは事前準備編です。 車検は車検証の日付より一ヶ月前から車検を受ける事ができます。 私の車検証では、初年度登録が平成24年4月2日となっています。 ですから、平成27年3月3日より車検を受けることが可能です。 

私は3月5日を検査日としてインターネット予約をしました。 検査日の予約ですが、インターネット予約は車検日当日の2週間前から予約可能です。

ちなみに私のナンバープレートの都道府県表示は自宅のある山梨ナンバーなんですが、東京の仕事場でバイクを越冬させている関係上、東京都の多摩にある車検場で車検を受けることにしました。 そうです、必ずしもナンバーを登録した所で車検を受けなくても良いんです。

東京都の多摩ナンバーエリアの車検場の正式名称は、「関東運輸局東京運輸支局 多摩自動車検査登録事務所」というんですね。 ここでは便宜上、車検場という名称に統一しておきます。

・車検の予約
車検の予約は「自動車検査予約システム - 自動車検査独立行政法人」のページからすることができます。 
https://www.yoyaku.naltec.go.jp/
ちなみに予約は自分のバイクの登録番号や原動機の型式が必要なので、車検証が手元にあると便利です。 バイクを乗って行く際に雨等の場合キャンセルしたくなりますが、もしキャンセルする時は前日までにしておきましょう。

*****前日-当日 用意するもの等*****

・車体の準備(車検対策)
まず、私のNC700Xはほぼフルノーマルです。 ですが車検対策のため、念の為にテールライトのLEDを元の電球に戻し、ヘッドライトも念の為ノーマルの時に付いていたH4のクリアバルブに変更し、余計なトラブルを招かないようにしました。 スクリーンやナックルカウル、リヤキャリア等は取り付けたままで車検に望みました。

・お金の準備 
下記が今回の総額費用となりました。 ユーザー車検は現金のみで、カード支払い等は一切できませんから注意が必要です。 私は今回、財布には一応3万円入れて持って行きました…。 ちなみに今回の費用合計額ですが、今回バイクのユーザー車検は合計21300円で車検が通りました。

今回の費用総額
・自賠責保険 13,640円(24ヶ月)、
・検査登録印紙代 400円
・審査証紙代 1300円
・重量税印紙代 3800円
上記プラス、自分はライトのテスター検査を受けたので、そのテスター代2160円がかかりました。 

・車検証、現在の自賠責保険証明書、軽自動車税納税証明書(直近)の書類
上記の書類を一式用意します。(下の写真では過去2年分の納税証明が入ってますが、直前の1回分の納税証明だけでOKです)

・書類を止めるバインダー
下の写真で写っている緑色のバインダーは、100円ショップのダイソーで購入したものです。 ユーザー車検必須のアイテムで、書類一式を止めて、車検当日それぞれの窓口や検査官に渡す時に書類をまとめて出せるので非常に便利です。
NC700X_UserSyaken_201503001.jpg

・24ヶ月の点検整備記録簿  
ネットでダウンロードしたものに書き込んだものでOK。 私はこちらからダウンロードさせてもらいました。 整備した人間は自分自身の住所と名前を堂々と書いておきます(笑)。
NC700X_UserSyaken_201503002.jpg

・車検をネット予約した時の予約番号
車検をネット予約した時の予約番号を控えておくのを忘れずに。 (私はネット予約の番号を控えるのをコロッと忘れましたけど、当日窓口で住所と氏名を言って何とかなりました(笑))

・印鑑 
(三文判でOK、書類に必要)

・筆記用具 (鉛筆とペン両方とも必要です) 
もし忘れても車検場にあります。

これらを一式忘れ物のないようにバックパックにしまいます。 NC700Xのラゲッジスペースは今回何も入れず、車検場でヘルメットを入れておくのに使いました。 NC700Xのラゲッジスペース、やはりユーザー車検でも便利ですね。

*****車検当日*****

いよいよ決戦の日です(笑)。 私はあまり業者さんがいない、午後の3ラウンド目に予約することが多いです。 今回も3月5日の3ラウンド目に予約をかけています。

車検場に行く前に、ユーザー車検の最大の難関であるライトの光軸調整を事前に行って貰うため、多摩の車検場の近くにある米山自動車さんにテスター検査を受けに寄りました。 最初はライト調整なしで、もし不合格だったら米山自動車さんに持って行こうかなと思いましたが、ブログのネタ作りの為にテスター検査を受けようと思い(笑)、今回はネットで見つけた米山自動車さんにテスター検査を受けてきました。

ちなみにNC700Xのライト光軸調整ですが、車と同様にヘッドライトのリフレクターボディが動くようになっています。 調整ネジですがこちらの写真の部分になります。 2箇所あり、ライトバルブの裏側(メーター側)からみて左上(写真下)が左右調整です。 ネジを見ると分かるんですが、プラスドライバーを下から差し込んで調整するタイプのネジです。
NC700X_UserSyaken_201503005.jpg

もう一つはライトバルブの右下(写真下)が上下の調整です。 こちらも左右の調整ネジと同じく、下からプラスドライバーを入れて調整するタイプのネジです。
NC700X_UserSyaken_201503006.jpg

右下のネジ部分ですが、カウル下側から覗くとこんな風に見えるネジです。 プラスのドライバーを下から突っ込んで回して調整するタイプなのが良く分かると思います。
NC700X_UserSyaken_201503007.jpg

NC700Xと同形状のカウルと機構のホンダ NC750Xを例にした、より分かりやすい光軸調整ネジの写真があったのでリンクを張っておきます。

ねっとオヤジは暇オヤジ様のページ:NC750Xヘッドライトの光軸調整
http://net-oyaji.at.webry.info/201410/article_33.html

事前に自分でネジの位置や調整方法を頭に叩き込み、上のページをプリントして念の為に米山自動車さんに持って行きました。

車検場の午後3ラウンド目ですが、書類受付が12時45分からなので、12時前には米山自動車さんに到着しました。
NC700X_UserSyaken_201503003.jpg

こちらが米山自動車さんのテスターが置いてある所。 写真奥にあるトライクもテスター検査でライト光軸調整にきていました。
NC700X_UserSyaken_201503004.jpg

こちらの多摩車検場近くにあるテスター検査をできる米山自動車さんのページはこちらです。
http://nttbj.itp.ne.jp/0425234530/index.html

写真のトライクの次にテスター検査を受けたのですが、恐らく調整しないでも受かる範囲だったようです。 ですが微調整をしてもらい、光軸検査のコツも教えてもらいました。 私の場合、光軸がちょっと上と言われたらシートから体重を抜いてみてとアドバイスを受けました。 やはりサスペンションのヘタリ具合や、操縦者の体重によって光軸の上下は変化してしまうため、微調整は必要なようです。

米山自動車さんでテスター検査を受け、ヘッドライトの光軸は万全な状態になりました。 そしてそのまま米山自動車さんで自賠責保険24ヶ月を入ってしまいました。 (13640円) 車検場で受け取る予定の書類も米山自動車さんに置いてあったので、米山自動車さんで書類を貰って、自分で書き込み完了です。 書類は代書屋に頼まなくても、自分で充分書けますから、その分節約できますよ。

こちらが米山自動車さんで書き込んだ書類一式。
NC700X_UserSyaken_201503008.jpg

米山自動車さんで自賠責保険に入ったので、自賠責保険13640円と、テスター検査のライト調整代2160円、合計15800円を支払いました。 ちなみにもしライトが不合格だった場合は無料で再調整してもらえるそうです。 ビバ!米山自動車!!

長くなりそうなので、ホンダNC700Xユーザー車検挑戦記は前後編にしようと思います。 後編は明日アップ予定ですから、お楽しみに?(笑)。


[ 2015年03月05日 17:00 ] カテゴリ:NC700Xユーザー車検 | TB(0) | CM(2)
スポンサードリンク
Ads
プロフィール

コバタケ

Author:コバタケ
ホンダNC700Xに乗る中年ライダーです。基本的に毎日更新のバイク情報Blogなので、よろしくお願いします。

ブログランキング参加中
Blog内検索
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ(タブ)

2017年 03月 【24件】
2017年 02月 【27件】
2017年 01月 【30件】
2016年 12月 【30件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【30件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【30件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【31件】
2015年 12月 【31件】
2015年 11月 【29件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【28件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【29件】
2015年 06月 【31件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【28件】
2015年 01月 【31件】
2014年 12月 【31件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【31件】
2014年 09月 【31件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【29件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【29件】
2014年 01月 【31件】
2013年 12月 【31件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【31件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【32件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【30件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【32件】
2012年 12月 【31件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【32件】
2012年 09月 【32件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【31件】
2012年 06月 【31件】
2012年 05月 【31件】
2012年 04月 【31件】
2012年 03月 【32件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【31件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【33件】
2011年 09月 【30件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【30件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【34件】
2011年 02月 【27件】
2011年 01月 【25件】
2010年 12月 【26件】
2010年 11月 【26件】
2010年 10月 【29件】
2010年 09月 【21件】
2010年 08月 【22件】
2010年 07月 【23件】
2010年 06月 【20件】
2010年 05月 【21件】
2010年 04月 【19件】
2010年 03月 【23件】
2010年 02月 【21件】
2010年 01月 【22件】
2009年 12月 【24件】
2009年 11月 【22件】
2009年 10月 【23件】
2009年 09月 【24件】
2009年 08月 【19件】
2009年 07月 【26件】
2009年 06月 【22件】
2009年 05月 【25件】
2009年 04月 【17件】
2009年 03月 【18件】
2009年 02月 【14件】
2009年 01月 【22件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【15件】
2008年 10月 【11件】
2008年 09月 【11件】
2008年 08月 【12件】
2008年 07月 【5件】
2008年 06月 【2件】
2008年 05月 【1件】
2007年 12月 【1件】
2007年 11月 【4件】
2007年 09月 【1件】

FC2カウンター
リンク
Twitterでツイートしてます