I'm on my way

ほぼ毎日更新!バイク情報ブログ [HONDA NC700X]
I'm on my way TOP  >  2009年10月

HONDA GPの歩み

最近、仕事の関係でホンダ技研の和光や栃木に行く機会が多くなりました。 和光では、担当させていただいている方がホンダの航空機関連の研究をされている方なのですが、NSXの車体開発に携わっていた経歴もあるので、仕事の話そっちのけで車の開発の話などを聞いています(笑)。

栃木では、燃料電池関連の方と会っているのですが、燃料電池の話やEVの話も聞けて面白いです。
栃木はテストコースもあるので、インディカーの走っている音が構内で聞こえたりします。 受付にはホンダの2004年のF1エンジンや、インディカーのV8ターボエンジンも飾ってあったり、レースを通して開発している姿勢が伺われます。

栃木のR&Dの受付付近で、「ホンダ ヒストリーオブチャレンジ」というホンダのレース史を解説した映像が液晶テレビで放映していて、待ち時間にそれを食い入るように見てしまいました(笑)。

マン島TTを経て、NRでGPシーンに復活し、スペンサーでチャンピオンを取り、ガードナー、ローソン、そしてドゥーハンからロッシという歴代のグランプリチャンピオンが出ていた映像でした。

同じような動画がニコニコにあったのでアップしておきます。 

今度、紹介してもらって朝霞の2輪研究所に行ってみようかな(笑)

■モチベーション維持のため、ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
もしよろしければ、応援のクリックをよろしくお願い致します。

[ 2009年10月31日 18:00 ] カテゴリ:動画 レース系 | TB(0) | CM(0)

YAMAHA WR250X Turbo

タイトルの通りですが、なんとWR250Xにターボチャージャーをビルトインした動画です。

多分70~100kmあたりからアクセルワークのみでウィリーするのは、さすがに加給器付きですね。 ジェベルにもターボを…、付けない付けない(笑)。



■モチベーション維持のため、ブログランキングに参加しています。■
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
もしよろしければ、応援のクリックをよろしくお願い致します。

[ 2009年10月29日 18:00 ] カテゴリ:動画 公道系 | TB(0) | CM(0)

次期SFX計画その5 [秋の脳内ネイキッド祭り]

だんだん寒くなってきたし、大型自動二輪免許目的で教習所にも通っているし、脳内で大型2輪の選定という妄想が膨らんできました。

懲りずにまた、けっこういいかなと思っている候補を書き出してみます。 最近は丸ライトのネイキッドも、ビキニカウルや小さいスクリーンを後付けすれば高速走行もわりかしイケるかも...と思ってきました。 自分的には、120~130キロで「余裕を持って」巡航できるエンジン性能があればそれで良いんです。 150km以上が余裕で出せると、あっという間に免許が無くなりそうだし…(笑)

SUZUKI SV1000
以前、SV1000Sのハーフカウル付きは候補に入れたことがあったが、最近ではこのSV1000のネイキッドタイプも良いんじゃないかと思ってきた。
SV1000B.jpg

<長所>
■いままで一回も走っているのを見た事がないレアっぷり。 ハーフカウルのSはたまに見るんだけどね。
■車重が軽い! 乾燥重量185キロ!
■リッターVツインは是非乗ってみたいエンジン。2気筒にしては、かなりトルクがあるらしい。
■ハーフカウルのSと違い、標準でバーハンドル仕様
■トラスフレームがカウル無しな分目立つデザイン
■不人気車だけあって、中古の価格が安め

<短所>
■レア=中古の玉数が少ない
■タンク17lは少ないね
■リアキャリアが似合わなさそう 
■燃費は期待できそうにない


HONDA CB900 ホーネット
これもネイキッドだったら気になる一台です。 初めて自分の候補でホンダが出てきたなあ。
CB900Hone.jpg
<長所>
■SV1000に負けず劣らず軽い! 乾燥重量190kg台!
■CBR900のエンジンをデチューンした、918ccのエンジンを搭載
■これも他人と被らない不人気車
■タンク容量は19lと中々かな
■値段がこなれている
■信頼性の高く、壊れなさそうなホンダ製(笑)

<短所>
■タンクのエッジの効いたデザインは好きだが、ちょっとでもコケるとタンクが凹みそう
■アップマフラーはあんまり好きじゃない
■燃費は期待できそうにない
■リヤキャリアがデザイン上似合わなそう 荷物積みにくそう
■シート下にはあまりスペースが無いらしい
■レア=中古の玉数が少ない



HONDA CB750 (RC42)
只今教習所でお世話になっているバイク。 こんなに乗りやすいとは思わなかった。
CB750red.jpg

限定の、6気筒CBX1000風カラーリングモデル
CB750.jpg
<長所>
■何よりエンジンの空冷4発750ccが良いね
■凄い扱いやすいエンジン特性 トルクもあって2速発進も楽々
■空冷エンジンはシンプル
■日本には丁度良いサイズじゃないかな
■値段がこなれている
■シンプルで飽きずに乗れそう まさに C[U]B750
■生産中止だが、まだ新車が手に入る
■リッターバイクより燃費が良さそう
■センタースタンド装備
■信頼性の高く、壊れなさそうなホンダ製(笑)

<短所>
■やはり地味
■けっこう走っているのを見るよね しかもみんなオッサン(笑)
■5速ミッションでキャブか…
■750ccなのに車重が重いよ! ノーマルマフラーが20kg位あるらしいので、集合管に変えないと


SUZUKI GSX1400
前にも候補として挙げたが、やっぱりネイキッド祭りには再度参加させないと(笑)。
GSX1400A.jpg

ファイナルエディションのカラーが爽やかで好きだ。
GSX1400SP.jpg

激レアなクーリーレプリカ仕様。 カウルは部品として売ってないらしい。 カウル売ってくれたら良いのに・・・。
GSX1400cou.jpg

<長所>
■油冷エンジンには特別な思いがある。 憧れだった初代GSX-R750の油冷エンジンを思い起こさせる
■油冷って言っても所詮は空冷エンジン。 だがシンプルで良いと思う。
■1402ccのエンジンは鬼トルクらしい
■ふかふかのシート
■広いシート下のスペース
■22lの大型タンク
■割とレア
■値段がこなれている
■FIはいいよね
■6速ミッション
■生産中止だが、まだ今だったら新車が手に入る

<短所>
■油冷とはいえ、エンジンオイル交換時に4l以上かよ! 車より多いんじゃない?
■やっぱり車重が重い ノーマルマフラーから集合管に変えたい
■車重が重い分、タイヤが早く減りそう


SUZUKI Bandit1200S 油冷ファイナルエディション
コレも候補に入れておくかな。 油冷ファイナルでスタイリングは現行モデルと全く同じ。
bandit1200sFE2.jpg

この青は油冷ファイナルエディションではない。 油冷FEは黒だけ。
ban02.jpg
<長所>
■油冷4発(1154cc) 憧れだったGSX-R750も油冷エンジンだった。 エンジンのフィンが細かくて造形的にもカッコいい
■油冷って言っても所詮は空冷エンジン。 だがシンプルで良いと思う
■1250Sより、水冷化していない分やや軽い(乾燥重量215kg)
■カウルが付いていると高速は楽だよね
■同じ形状なのに、何故か水冷バンより1リットル多く入るタンク(20l)
■値段もけっこうこなれてきた
■センタースタンド付きは便利だと思う
■油冷FEだけABS標準装備

<短所>
■シートが硬そう
■5速ミッションにキャブ


脳内妄想ってお金もかからないし、楽しいな~(笑)。 やっぱり、何でも買うまでが楽しいんだよね。 車種選定のwktkっぷりって何か特別だと思うんですが、どうでしょうか?

[ 2009年10月28日 18:00 ] カテゴリ:大型バイク選定 | TB(0) | CM(0)

適性判断の結果

最初に教習所で受けさせられた、自分の適性検査の結果が戻ってきました。

tekiseihandan.jpg

総合診断をOCRソフトで読み取ってみました。

以下転載
**************************
もの静かで無口な方です。しかし心の底にしっかりとした堅さをもっています。他人に気をつかいすぎる欠点はありますが、決心したことは、やりとおす意思の強さがあります。ただあまりにきちんと考えすぎて自分の考えに束縛される順向かあります。
 健康状態は良好で、この点に関して運転にさしつかえるようなものは、まったくありません。
心の状熊はすこやかで、この点に関して不安ぱありません。
自分のありのままの姿をそのままだせる正直で素直な人です。
ですぎたことをしたり、他人の感情を傷つけたりすることのない好ましい性質の方です。
社会的によく成熟した人で、相手の立場をよく理解して、衝動的な行動をしない人だと思います。

***安全性についての注意点***
 状況の変化など対し、速やかに対応できない傾向があるようです。心の迷いは事故のもとになりかねません。普通の人より、心配したり悩むことが多い方です。クョクョ考えすぎて事故にならないようにしてください。
少し頭が固く、考えが狭い範囲に限定されがちです。視野や思考にゆとりを持つように心がけてください。安全運転のこつは、運転技術よりも運転マナーを身につけること。相手に譲る気持ちを持つことが大切です。ときどきカツとなって乱暴になりからです。運転にとって大変危険ですから十分注意しましょう。運転には、充分に注意してください。

**************************

けっこう当たってるなあ・・・。 

しかし、運動機能のほうがかな~り悪いんですけど・・・(笑)。 決断力にいたっては、慎重すぎて決断力に欠けるとの事・・・。

たしかにテストは、正確性を重視してやってみたんだが、こんな結果だとは。 狙っていた緻密性もCだし…。

やっぱり若い頃よりも衰えてるのかな。 正直この結果を見てプチ凹んだんだが、逆にもう衰えているのであれば、よりもっと安全にリスクのない走りをしようと固く心に決めました。

自分の中では、16才からバイクの免許を取って走っていたし、スキーは一応職業プロとして(ただのガイドだけど)10年くらいはキャリアを積んできたので、それなりに運動機能には自信があったんだが・・・(現在はスキーからは離れ、ほぼ年一の状態)。 そのちっぽけな自負が、ものの見事に木っ端微塵(笑)。

でも、自分のことを客観的に知るってのも良いね。 これからは、よりいっそう無理せずに安全にバイクを乗って楽しもうと思います。 細く長く!が合言葉ですね。

[ 2009年10月26日 18:00 ] カテゴリ:大型自動2輪免許 | TB(0) | CM(0)

1993年 GP2チャンプ 原田哲也+YAMAHA TZM250

WGP(現Moto GP)のGP2 250ccクラスで、1993年に参戦一年目でデビューウィンを飾り、そのままその年に年間総合優勝でチャンピオンとなったのが原田哲也さんです。

この漫画のような筋書きに、昔はいたく感動したのを覚えています。 当然、原田選手のファンになりました。 ナンバーのビデオも持っていたっけ。

その後は1998年の悲劇的な最終戦の最終ラップがとりわけ印象深いです。 これは、自分も夜中のテレビ中継を見ていて呆然としました。  そこいらあたりの軌跡をたどるのはWikiをどうぞ。

原田哲也 Wiki

非力なヤマハからアプリリアに乗り換え、500ccにもアプリリアから出場したりしていますが、チャンピオンを取れたのは1993年のみ。 しかしイタリアでの知名度はかなり高かったようです。 GPでのニックネームは「クールデビル」、そのレース運びから付けられたあだ名です。 レース運びは沈着冷静で、決めるときにスパッと決める。 う~んカッコいいですね。

まさに伝説のGPライダーの一人といっても過言ではないと思います。

[ 2009年10月25日 18:00 ] カテゴリ:動画 レース系 | TB(0) | CM(0)

第一段階終了

先々週は台風上陸、先週はこれまた出張続きで、適性検査を受けたっきりでまったく教習所に行けてなかった大型自動二輪の教習状況です。 なんと今週は3日間通えたので、2時間、2時間、1時間の合計5時間乗りました。

ストレートに見極めまでパスして、来週から第二段階です。

こちらが教習に使っているCB750の写真。
ksj01.jpg

最初は重さに戸惑ったが、乗る事には慣れた。 しかし教習所の低速コントロール主体の扱い方には慣れていない。 普段軽いジェベルに乗っているもんだから、やっぱり重いバイクの扱いはごまかしが効かないね。

パイロンを縫うように走るスラロームとか、一本橋やらS字クランクを低速で操る技術は、重たいバイクだとことさら難しくなる。 だが、乗っている教習車のCB750は、トルク感があって扱いやすいパワー。 余裕で2速発進できるもんなあ。

ジムカーナや白バイの競技映像などをニコ動などで見てる時に、凄いと思いつつ自分とは無縁の世界だと思っていた。しかし教習所に行ってから、ジムカーナをちょっとやってみたくなった。

教習所内で、CB750のトルクに乗せて、アクセルワークとリヤブレーキを駆使しつつ、低速のスラロームをやっていると、おおっ面白えなあと心底思う。

自分の癖も分かるしね。 俺本当にリヤブレーキ使ってなかったんだなあ・・・。 ジェベルのリヤパッドが走行24,000越えなのに、まだ7部山以上あるって、よっぽど使ってなかったんだろう(笑)。 リヤブレーキの使い方もかなり上手くなって、けっこう実際のバイクライディングにも役に立つ予感がする。

他にも、我流でのほほんと乗っていて付いてしまった癖も、あらためて教官に指導してもらうと分かってくるしね。 しかし教官、憎らしくなるほど上手いな(笑)。 それで食っているプロだもんなあ(笑)。

写真は中型の講習で使っているCB400SF。 スペンサーカラーなんだが、タンクには「LICENCE」の文字が入るんだね。
ksj02.jpg

来週からもまた頑張ります。 11月末の誕生日までには何とか取得したいなあ。

[ 2009年10月23日 18:00 ] カテゴリ:大型自動2輪免許 | TB(0) | CM(0)

YZF-R1で世界一周

以前、ヤマハのSSであるYZF-R1(初期型)で世界一周!を遂げた オランダ人のSjaak Lucassenさんの動画ですが、ダイジェスト版だけではなく、他の動画もあったのでアップしておきます。

こちらがアフリカ編。


こちらがダイジェスト版

Sjaak The World - More amazing videos are a click away

う~ん、何度見ても凄いです。

[ 2009年10月22日 18:00 ] カテゴリ:動画 ツーリング | TB(0) | CM(0)

ハヤブサ+スーパーチャージャー 310馬力

ハヤブサにスーパーチャージャーを搭載した動画です。 ホイールスピンしまくって、市街地ではまともに走らないようです。

車載カメラですが、なんかTVゲームみたいですね。 200km~300kmの加速も凄いです。 これだったら前に紹介したロシアのチューンドR35に勝てるかも・・・。

[ 2009年10月21日 18:00 ] カテゴリ:動画 公道系 | TB(0) | CM(0)

秋のビーナスライン

10月16日の午後に時間が出来たので、久しぶりにバイクで遠出して来ました。 場所はビーナスラインを経て美ヶ原高原美術館まで行ってきました。

考えてみたら、200km以上のツーリングは8月の白馬以来していませんでした。 今年は7月に北海道、8月に北東北の本州最北端大間崎までツーリングで行き、その後は燃え尽き症候群であまりバイクに乗らなくてもいい気分でした。 (奥さんいわく、当然との事ですが(笑))

ずっと乗っていなかったわけではなく、仕事の都合で東京に出る機会が多いので、その時に東京まで移動する手段としては乗っていました。 でもこれはツーリングではなく単なる移動の気分だったので(笑)、あえてこのBlogでは書いていませんでした。

秋晴れの空の下、山梨から17号を使って原村を目指します。 この広々とした牧場は、原村にある八ヶ岳中央農業実践大学校の敷地内で撮影。 八ヶ岳も綺麗に見えます。
1016_2009_A000.jpg

こちらはジェベルを交えて。 丁度来週収穫祭が来週(10月24-25日)予定されているので、この素晴らしい景色を生で見たい人は是非来るべし。
1016_2009_A001.jpg

蓼科のペンション街のあたりでは、見事に紅葉している木もありました。
1016_2009_A002.jpg

紅葉の撮影をした後、テールのキャリアに付けていたタンクバッグに、トンボが止まっていました。 風が吹いてもトンボが飛び立たないので、死んでいるのかなと思ったが、指で触ったらちゃんと飛んでいった。
1016_2009_A003.jpg

蓼科からビーナスラインを走り、白樺湖へ、 その後車山-霧ケ峰-和田峠と走り、美ヶ原高原美術館へ到着。 秋装備で出掛けたが、けっこう寒くて思わずラーメンを食べた。
1016_2009_A004.jpg

初めて美ヶ原から長野県上田側の景色が見えた。 今まではいつも雲が多く、このような景色が見えなかったので。
1016_2009_A005.jpg

美ヶ原では隣にCB900ホーネットが停まっていた。 これ結構好きなんだよね。 400並の車体に900のエンジンで軽量。 現行で売っていたらかなり気になった一台。
1016_2009_A006.jpg

帰りに通った和田峠あたりの紅葉。 結構色づいています。
1016_2009_A007.jpg

帰りは和田峠から20号へ下り、ひたすら20号を山梨方面へ走りました。
12時丁度出発で、暗くなり始めた午後5時前ぐらいに自宅へと戻りました。 もうずいぶんと日が詰まって来ています。 冬はすぐそこですね。

先日シートスポンジにゲルザブSを貼り付けた効果ですが、けっこう効いていると思います。 しかし痛みが完全になくなったわけではなく、やはり長時間乗っていると痛くなります。 自分的感覚では、30%から40%くらいの痛みが無くなった感じですかね?。 すわり心地は凄く良くなっているので、効果はありますが、特効薬ではない感じです。

本日の走行距離、195km 燃費計測せず。 ODO 24,549km
本日のLOGはこちら 
1016_2009log.jpg

[ 2009年10月19日 20:18 ] カテゴリ:ジェベル250XC ツーリング | TB(0) | CM(0)

Yoshimura!

そのスジ(どのスジ?)では有名な、「ヨシムラ~」と嬉しそうに奇声をあげる外人さんの動画です。


ちなみにこちらもヨシムラのマフラーが入っているGSX-Rですが、奇声は上げていません。 Moto-GPのようなマフラーがカッコいいです。


これがMoto GPのGSV-R
gsvr.jpg

[ 2009年10月18日 18:00 ] カテゴリ:動画 その他 | TB(0) | CM(0)

2009 全日本エンデューロ選手権 日高

全日本エンデューロ選手権の動画です。 地味ですが、凄い難しそうなところを走っていますね。

3:40あたりで、カバのヌタ地みたいな所があるんですが、こんな所走れるのかい!みたいなマディさ加減です。 スタックして前転する人GJ!

[ 2009年10月17日 18:00 ] カテゴリ:動画 OFF系 | TB(0) | CM(0)

TZR250 (1KT) カタログ

なつかしのカタログシリーズ、今度はTZR250(1KT)です。

エンジンと車体のトータルバランスは、1KTが一番良かった。
1kt000.jpg

もう一度乗ってみたいなあ・・・。
1kt001.jpg

デルタボックスのアルミフレームは、レーサーのTZと同じイメージで画期的でした。 その後の88NSRとかは、RS250とまったく同じフレームなんだっけ??
1kt002.jpg

2ストのエンジンです。 パラレルツインの2スト 249ccだったけど速かったなあ。 パィ~~ンって加速はもう味わえない。
1kt007.jpg

モアレが出てるが勘弁してね。 
1kt003.jpg

車重を軽くするため、あえてシングルの大口径ブレーキローターにしたのも画期的だった。 前後17インチは1KTが始めて採用。 現代にも通じる、前後17インチのパッケージでのハンドリングは凄く素直だった。
1kt004.jpg

圧縮したらアスペクト比が変になっちゃった。 昔からヤマハはこういったカタログの文章が上手かった気がする。
1kt005.jpg

自分は体が大きいので、TZRに乗るとYSRみたいだってよく言われたっけ(笑)。
1kt006.jpg

う~ん、もう一度乗ってみたいなあ・・・。

[ 2009年10月15日 18:00 ] カテゴリ:カタログ | TB(0) | CM(0)

Easy Rider Opening

古典的名作のイージーライダーです。 

Born to be wildが良いですね。  でも本編見たことないや(笑)。

[ 2009年10月14日 18:00 ] カテゴリ:動画 TV 映画 | TB(0) | CM(0)

2010 Kawasaki Versys

カワサキの正規逆輸入車代理店のブライトから、ラインナップが消えていたVersysがニューモデルとして復活していますね。

2010ver.jpg

ブライトのラインナップがこちら

細かい写真が出ている海外サイトがこちら

ブライトでは黒しか出ていないのが惜しい。 黄色がカッコいいと思うんだが…。 
しかし650ccのパラレルツインでGoodサイズ、かなり触手が動きますね。 う~ん、いいなぁ…。

下の動画では、2:15あたりから新型Versysの動画が出てきます。

[ 2009年10月12日 18:00 ] カテゴリ:動画 PV系 | TB(0) | CM(2)

GSX-R カタログ

スキャナを新調したので、GSX-R (400の2型)のカタログをスキャンしました。 基本的に所有した事のあるバイクのカタログはすべて取ってあります。

当時は画期的でした。 250ガンマに次いで、アルミフレーム採用の400マルチ。 耐久レーサーのような丸目2灯で59馬力! 事実上、当時の400ccでのメーカー自主規制はGSX-R400の値が基準になっています。
gsxr01.jpg

このカウル、ぜんぜん手に風が当たらなくて、冬は凄い暖かかったなあ(笑)。
gsxr02.jpg

テールの処理もカッコいい。 今のバイクからすると、タイヤが細いですね。 リヤタイヤのサイズは110です(笑)。 自分は120履かせていました。 セパハンも結構位置が高めで、ポジションは楽でした。
gsxr03.jpg

今見てもレーシーなスタイルはカッコいいです。 集合管もノーマルで装備。 今からは考えられないほどサイレンサーが小さいですね。 
gsxr04.jpg

タコメーターは3,000RPMからで、アイドリングの調整は感でした(笑)。
gsxr05.jpg

今のCB400SFとかと比べても、結構遜色なく走るのではないですかね? 乾燥重量は、当時としては驚愕の152kg! 
gsxr06.jpg

180km/hくらいは楽勝で出せました。 エンジンの吹けは凄く軽く、速かったですね。

[ 2009年10月11日 18:00 ] カテゴリ:カタログ | TB(0) | CM(0)

R35 GT-R vs 隼/ZZR1400 [ドリームマッチ]

R35 GT-R VS ハヤブサと、同じくR35 GT-R 対 ZZR1400のドリームマッチです。

こちらがR35 vs ハヤブサ。 後半の初代ブサのほうが善戦していますが、おそらくチューンドと思われるR35がメチャ速いですね。 300km超えても平気で加速していきます。 R35のメーターってこんななんだ。


こっちは乗り手がちょっとショボイZZR1400。 もうちょっと根性入れて乗って欲しい by 無責任な視聴者(笑)。


おそらくロシア語だと思われますが、急激な経済発展を遂げたロシアが思い伺われます。 

[ 2009年10月10日 18:00 ] カテゴリ:動画 バイクvs車 | TB(0) | CM(0)

大型二輪 実地講習スタート のはずが・・・

いよいよ今週から教習所で大型2輪の実地講習が始まる!と思いきや、台風上陸ですか、ああそうですか・・・(笑)。 そんな中で講習を受ける気迫もなく、今週の予定は全てキャンセルしてしまいました…。 金曜日は取引先と会う予定なので教習所に行けないし・・・。

気を取り直して、来週からスタートします。

まったく写真が無いのも何なんで(笑)。北海道へ家族と車で渡道した時に、道の駅なよろ(名寄)で見かけたゴールドウィングベースのサイドカー。 2台とも鹿児島ナンバーで、かなりお歳を召した方が乗られていました。
gl000.jpg
サイドカーの魅力は正直分からないが、あのくらいの歳になると分かるのだろうか・・・。

[ 2009年10月09日 18:00 ] カテゴリ:大型自動2輪免許 | TB(0) | CM(0)

BMW R1200GSで北海道ツーリング

こちらの動画の方は、BMWのR1200GSで北海道ツーリングされている方です。

動画の画質がメチャメチャいいですね。 すご~く凝ってます。 弱ナルシスト系の絵作りも上手い! 立派にロードムービーとして、放送できるくらいの構成力です。 この方の映像ですが、映像作家とか、プロの匂いがします。 

ビッグオフで北海道、すげーウラヤマシス…。 でも俺は、R1200GSではなく、断じてKTM 990Adventureが欲しい(笑)。 

KTMだけど、新車の1,000km点検でヘッドを開けてシム調節するってのは、果たして量産車としてどうなんだろう?? と思う。 すると、やっぱり買うんだったら国産かなと思う俺はビンボー人なのか?(笑)。

[ 2009年10月08日 18:00 ] カテゴリ:動画 ツーリング | TB(0) | CM(0)

EV Cub

東京モーターショウでは、ホンダが電気バイク版のスーパーカブを発表するようですね。
evcub.jpg

ソースはこちらのYahoo News。 この記事で注目したのが、こちらの引用文。

>四輪に比べて早期に普及が始まるとされる二輪EV。

ぇええ!  そうなの! 
内燃機関のレシプロエンジンを積んだバイクはどうなるの??
やっとインジェクションが普及したばかりなのに、次はEVですか・・・。

免許制度はどうなるんだろう? 今は排気量の括りだから、単純に出力別になるのかな?
今、レシプロエンジンのバイクは買わないほうがいいんだろうか?? 今買っても10年後には屑?? 

以前の日記にも載せたのですが、EVのドラッグレーサーの動画を貼っておきます。

[ 2009年10月06日 18:00 ] カテゴリ:バイク四方山話 | TB(0) | CM(0)

大型自動2輪免許への道

ついに大型自動2輪免許取得へ向けてスタートしました。 一発検定も考えたのですが、練習も出来ない事や安心感も考えて、某教習所へ申し込みに行きました。

9月末まで10,000円引きキャンペーンをやっていたので、9月30日に申し込んできました。 

実はレッドバロンでやっている、免許取得費用5万円応援キャンペーンにも事前に申し込んでいたりする(笑)。 申し込んでから2年間有効なので、焦ってバイクを買わなくてもいいしね。

先日は教習前の適性検査を受けてきました。 その日に適正検査を受けていた自動2輪の教習生は9人で、4人が女の子。 大型はオサーンの自分だけ。 後は10代~20代の若者でした。
みんななんか初々しいねえ・・・。 by汚れちまった大人(笑)
でも、結構自動二輪の免許を取る若者が居るんだね。 バイ北見て北海道に行こうと思っているんであろうか?(笑)。

適性検査っつーのも、なんか国土交通省の息がかかってそうな業者がやっている、利権タップリの無理やり検査のような雰囲気満点。 けっこういい金取ってるんだろうな~、なんてオッサン臭い読みをしてしまう(笑)。

久しぶりにこんな感じの検査をしたけど、
「誰もいない道であれば、制限速度を越して走りたくなりますか?」 

1.まったくない 
2.ほとんどない 
3.たまにある 
4.けっこうある 
5.その通り 

みたいな質問だったんだけど、通常制限速度以上で普通の幹線道路だって流れているだろ! と、問いかけてみたいのは愚問でしょうか?
本当は5番を選びたかったんだけど、4番を選んでしまうのは、資本主義的学校教育を受け、良い点を取りたいと反射してしまう心と、自分の良心のせめぎ合いの結果でした(笑)。

今週から教習は始まります。 最短で第一段階5時間、第二段階7時間、一応一ヶ月から一ヵ月半くらいで取得したいと思っています。

「バイ北」のように動画にしてみたいとチラッと思ったのですが、そこまで根気がないので止めておきます(笑)。

[ 2009年10月05日 18:00 ] カテゴリ:大型自動2輪免許 | TB(0) | CM(2)

シートへゲルザブ貼り付け

ジェベルで長距離を乗ると思うのが、「尻が痛い」。 ハイシートにしてはいるのだが、1日500kmがクレイジーなのか、やはり尻が痛くなる。 ノーマルシートよりはましだと思うのだが、それでも痛いものは痛い(笑)。

ちょうど一年前にハイシートにしたのだが、そのハイシートを製作してもらったマルナオバイク事業部では、ゲルザブ貼り付けなるサービスが開始したという。

Webを見てみる。 ゲルザブの埋め込みではなく、「ゲルザブ貼り付け」だと、シートのエッジ部分が丸くなるし、座面も広くなるし、なにより埋め込みよりも安い。 ちょっとでもシートの座面が広くなるほうが、圧力が分散されるので痛みには効果的だろうと思う。 シートのエッジの部分も丸くなるので、その点でも圧力が分散されるんじゃないかなあ。

丁度Webの例では、オフ車のシートが貼り付けの例として出ていたので、イメージしやすかった。 コレくらいだったら良いかなあ。

多少不恰好にはなるだろうが、メリットのほうが大きいと思ったので頼んでみた。 いくらなんでも、珍走の段シートみたいな感じにはならないだろう・・・、多分。

そして戻ってきたシートがこちら。

段が目立つが、思ったほどでもない。
gelseat001.jpg

横から見た図。 段々がよく分かる。
gelseat002.jpg

段がよく分かる写真。


肝心のゲルザブの効果はというと、まだ乗っていない(笑)。 忙しいのでまだ乗る時間が無いのだ。 触った感じはプニプニするのだが、そんな効果があるかな?と思う程度。 しかしコレばかりは乗ってみないと分からない。

効果のほどは、またレポートします。

[ 2009年10月04日 18:00 ] カテゴリ:ジェベル250XCカスタム記録 | TB(0) | CM(2)

CB750F

CB750FB、今見てもカッコいいですね。 この頃の大柄な車体と角ばったタンクがなんとも言えず良いですね。

中学生の頃、実家の近くのアパートにCB750FCの赤白が置いてあって、こっそり跨ってみたりしたもんです。 憧れていましたね。

[ 2009年10月02日 18:00 ] カテゴリ:動画 その他 | TB(0) | CM(0)

再び北海道へ その2

26日の夜は、上富良野にあるフロンティア フラヌイ温泉に宿泊した。 温泉マニアの奥さんが、ここの泉質を絶賛していた。 源泉が31度なのだが、その質が微炭酸みたいな温泉で、めったに無いんだとか。 

この宿に着く前にも、十勝岳温泉のヒュッテバーデン上富良野の温泉に入ったのだが、奥さんはフラヌイ温泉の泉質に感激していた。

翌日27日は、午前中にまた美瑛、富良野観光と、昨日は夕暮れだった十勝岳の紅葉をもう一度見に行く事に。 午後はフェリーが出る小樽へと向かう予定。

美瑛のセブンスターの木のあたりから。 何気ない風景でも素晴らしくて見とれてしまう。
HKD09_2009019.jpg

畑と青空のエッジがくっきりして絵になった。
HKD09_2009020.jpg

親子の木のそばの名も無い木。 しまった、上の写真と構図がまったく一緒(笑)。 これも緑と青のエッジがクッキリと。 この日は午前中の8時~10時くらいは素晴らしい晴天でした。 10時過ぎになったら、十勝岳には雲がかかってしまったけどね。


かんのファームのお花畑。 来年の年賀状用の素材を写せと奥さんがうるさ・・・、いや、盛んに勧めていたスポット。 女性は花が好きですね。
HKD09_2009022.jpg

美瑛から十勝岳に行く途中の菜の花畑? 黄色が凄く鮮やかで綺麗だった。
HKD09_2009023.jpg

美瑛の青い池。 ミニレイクルイーズかな(笑)。
HKD09_2009024.jpg

上記の青い池に来ていた、なんと八王子ナンバーのカブ。 ナンバーは白なので、まさに50ccの原チャリ! 50ccで北海道を廻るって、凄いです。 
HKD09_2009025.jpg

十勝岳温泉の辺りから見た紅葉。 残念ながら十勝岳の上は雲がかかっていたが、鮮やかな紅葉が楽しめました。 
HKD09_2009026.jpg

十勝岳温泉の辺りから見た、富良野と美瑛。 
HKD09_2009027.jpg

昼ごはんは、7月に来た時にも食べた富良野の山香食堂でオムカレーを食べた後、札幌経由で小樽へ。 小樽の食堂でマグロ丼を食べて、またフェリーへ乗り込む。

さらば北海道! また(バイクで)来るぜ(笑)。

そして今回のLogはこちら
HKD09_2009Log.gif
走行距離は測っていないが、およそ道内で1000~1500kmだったろう。 このくらいのユルい旅もいいねえ。 今度はこのくらいのペースでツーリングしたいなあ。

ちなみにレガシィの燃費なのだが、本州ではどうあがいても10km/1l未満だったのが、11.2km/1lを出したときもあった。 やっぱり北海道すげえ。

[ 2009年10月01日 18:00 ] カテゴリ:2009北海道ツーリング | TB(0) | CM(3)
スポンサードリンク
Ads
プロフィール

コバタケ

Author:コバタケ
ホンダNC700Xに乗る中年ライダーです。基本的に毎日更新のバイク情報Blogなので、よろしくお願いします。

ブログランキング参加中
Blog内検索
カレンダー
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ(タブ)

2017年 06月 【28件】
2017年 05月 【30件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【27件】
2017年 02月 【27件】
2017年 01月 【30件】
2016年 12月 【30件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【30件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【30件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【31件】
2015年 12月 【31件】
2015年 11月 【29件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【28件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【29件】
2015年 06月 【31件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【28件】
2015年 01月 【31件】
2014年 12月 【31件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【31件】
2014年 09月 【31件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【29件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【29件】
2014年 01月 【31件】
2013年 12月 【31件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【31件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【32件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【30件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【32件】
2012年 12月 【31件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【32件】
2012年 09月 【32件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【31件】
2012年 06月 【31件】
2012年 05月 【31件】
2012年 04月 【31件】
2012年 03月 【32件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【31件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【33件】
2011年 09月 【30件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【30件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【34件】
2011年 02月 【27件】
2011年 01月 【25件】
2010年 12月 【26件】
2010年 11月 【26件】
2010年 10月 【29件】
2010年 09月 【21件】
2010年 08月 【22件】
2010年 07月 【23件】
2010年 06月 【20件】
2010年 05月 【21件】
2010年 04月 【19件】
2010年 03月 【23件】
2010年 02月 【21件】
2010年 01月 【22件】
2009年 12月 【24件】
2009年 11月 【22件】
2009年 10月 【23件】
2009年 09月 【24件】
2009年 08月 【19件】
2009年 07月 【26件】
2009年 06月 【22件】
2009年 05月 【25件】
2009年 04月 【17件】
2009年 03月 【18件】
2009年 02月 【14件】
2009年 01月 【22件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【15件】
2008年 10月 【11件】
2008年 09月 【11件】
2008年 08月 【12件】
2008年 07月 【5件】
2008年 06月 【2件】
2008年 05月 【1件】
2007年 12月 【1件】
2007年 11月 【4件】
2007年 09月 【1件】

FC2カウンター
リンク
Twitterでツイートしてます