I'm on my way

ほぼ毎日更新!バイク情報ブログ [HONDA NC700X]
I'm on my way TOP  >  2010年03月

ビンテージハーレー エンジン始動

ビンテージの部類に入るハーレーのことは良く分からないのですが、動画のタイトルによると1952年式だそうです。

58年前のバイクか…。 この頃のハーレーはずいぶんと始動が複雑なんですね。

[ 2010年03月31日 17:00 ] カテゴリ:動画 その他 | TB(0) | CM(0)

HONDA VTR250 PV

新しくインジェクション仕様になったVTR250のPVです。

女の子がかわいいですね。 こんな子とツーリングに行きたいw。

[ 2010年03月30日 17:00 ] カテゴリ:動画 PV系 | TB(0) | CM(0)

教習所での妙技

教習所のデモランのようですが、すごいですね。

まるでゲームのギャラガのような動き…。 よっぽど息があっていないとできないですね。

[ 2010年03月28日 17:00 ] カテゴリ:動画 ジムカーナ・スラローム | TB(0) | CM(2)

YAMAHA TZR250 (1KT) 排気音

昔乗っていたTZR250(1KT)の排気音です。 懐かしい!

コレがノーマル

ビロローンというノーマルの音が懐かしいです。

そしてこれがどこぞのチャンバーに変えている音

2ストサウンドが非常に懐かしいです。

1KTは車重も軽かったので、エンジンが暖まっている時であれば半歩押しがけしただけでエンジンがかかりました。 2つ目の動画もキックが軽そうです。

2スト懐かしいなあ。 もう一度乗ってみたい…。

[ 2010年03月27日 17:00 ] カテゴリ:動画 その他 | TB(0) | CM(0)

軽トラにZZR1100のエンジン積んでみた

軽トラにZZRのエンジン積んでみたという動画ですが、凄いです。 KawasakiのZZ-R1100のエンジンを軽トラにスワップしているようですね。

排気音が完璧にバイクの音w。

これ運転してみたいなあ…。

[ 2010年03月25日 17:00 ] カテゴリ:動画 その他 | TB(0) | CM(0)

久しぶりのチョイ乗り [北杜市-茅野]

3月22日(月)春分の日の振替休日ですが、約2ヶ月ぶりにジェベルでチョイ乗りをしてきました。 当日は晴れて気温も高くなった午後1時からのスタートです。

約二ヶ月ぶりにエンジンをかけましたが、キャブの中を空にしていたのと、バッテリーも保護スイッチでOFFにしていたので、セル一発で目覚めました。

まずは八ヶ岳を目指して登っていきます。 清里手前から八ヶ岳をバックに一枚。
0322_2010000.jpg
その後、小淵沢から原村を目指して行きます。 まだ風は冷たく、グリップヒーターは常にONです。 茅野の手前まで行き、17号でまた北杜市方面へ引き返していきます。

これが原村周辺から見える八ヶ岳です。
0322_2010001.jpg

7年に一度開かれる諏訪の御柱祭で使われる柱が原村にありました。 
0322_2010002.jpg

0322_2010003.jpg
上記のリンクを見ると、立てる柱と山の斜面を滑らせる柱は違うみたいですね。

原村から富士見へ出て、帰りはそのまま20号で北杜市まで帰っていきました。 およそ2時間半のチョイ乗りでした。 約2ヶ月ぶりにジェベルを乗りましたが、やっぱりバイクは楽しいですね。

大型バイクもアレコレ考えていますが、やっぱり250の軽量さ加減とのんびり気軽に乗れる感覚は捨てがたいです。 自分でも大型バイクへコンバートするか、このままジェベルを乗り続けるのか、まだまだよく分かりません。

走行距離にして27,000km弱ですが、エンジン、車体ともに絶好調です。長く乗り続けると愛着が湧いてきますね。 できたら手放さずに、5万キロとか10万キロとか乗り続けたい気持ちもあります。 今ではそのくらい良い相棒となりました。


本日の走行距離 97km ODO 26,451km

[ 2010年03月24日 17:00 ] カテゴリ:ジェベル250XC | TB(0) | CM(0)

RIDE 34

RIDE34を読んできました。
RIDE34.jpg

今月の巻頭漫画ですが、バイクはゼファー1100、キャッチは「心の炎は消せやしない。…これからも、キャロラウェイ!」。

ゼファー1100いいですね。 価格がこなれていたら大型バイクの候補に入ったのですが、生産中止で程度の良い中古はかなりプレミア価格です。

ちなみに、カワサキの工場がある兵庫県明石市より新風を吹き込むという意味で、ゼファー(西風)という名前になったと言うのは初耳でした。

ゼファー全盛期の頃は、もうバイクは降りていました。 自分がバイクに乗っていた頃はレーサーレプリカ全盛の時代。このようなバイクはそっぽを向かれていました。 とにかくカウルがなければバイクじゃないような風潮でしたが、ゼファーから時代は変わっていきましたね。

1995年くらいだと思いますが、電車の中で当時の高校生がバイクの話をしていたのを聞いてビックリした覚えがあります。 その会話とは、ある一人の男子高校生が
「レーサーレプリカってカッコいいと思う? 俺は絶対かっこいいと思えないよ」と話していたのですw。

当時、それを聞いて、「時代は変わったんだな」と思ったことを思い出しましたw。

[ 2010年03月22日 17:00 ] カテゴリ:本 雑誌 | TB(0) | CM(0)

SONY nav-u NV-U35

バイク+車用ナビとして使っているGarmin 205Wだが、新製品の205W+が出てもさほど気にならない。 ナビは知らない道を走る時のアバウトな道案内ぐらいにしか考えていないし、バイクで長距離ツーにでかけるときにはツーリングマップルも持って出かけているので、地図の鮮度等はあまり気にならないのだ。

しかし、この新型ナビにはとても心が動いた。
NVU35_1.jpg

SONY nav-u NV-U35


コレの最大のポイントは、防水仕様なのだ! Garminは防水仕様ではないので、雨の日は外さなくてはいけない。 まあそれでもさほど問題にならないんだけど、壊したくないので仕舞い時が気になるんだよね~。今使っているGarminでも、バイク取り付け時にはフロントスクリーンに隠れているので、ちょっとの小雨くらいであれば全然問題じゃないけど。

このNV-U35だったら防水加工なので、ハンドルマウントにくっつけたまま雨の日に走れる! これは良さそう。
NVU35_2.jpg

しかし、さすがSONY製品。外部メモリがメモリースティックかよ…(萎)。 PCとの親和性はGarminのほうが上なんだよね。Google Mapでログを表示がすごい便利なので、やっぱりGarminかな。

[ 2010年03月21日 17:00 ] カテゴリ:バイクGear | TB(0) | CM(2)

世界のバイク スズキ その2

世界のバイク スズキのPart2です。

そういえば、カタナやハヤブサは華麗にスルーされていますね…。

[ 2010年03月19日 17:00 ] カテゴリ:動画 TV 映画 | TB(0) | CM(0)

世界のバイク スズキ その1

ディスカバリーチャンネルの世界のバイクシリーズですが、とうとうスズキです。

スズキが最初は織り機の機械を作っていたとは知りませんでした…。 GSX-Rシリーズのエポックメイキングな登場がメインです。

[ 2010年03月18日 17:00 ] カテゴリ:動画 TV 映画 | TB(0) | CM(0)

若者のバイク離れが深刻 国内のバイク生産、ピーク時の1割以下

doc_bikewakamono.jpg


若者のバイク離れが深刻 国内のバイク生産、ピーク時の1割以下

こんなデータを見て、みなさんどう思われるでしょうか。
私個人としては、バイクは趣味のものなので、好きな人だけ乗っていれば良いと思います。 しかし魅力的な国産バイクが無くなるのも困りますね。

国産が無くなったら、ハーレーでも乗るか(w でもその前にみんな電気バイクになるかも…。

[ 2010年03月16日 17:00 ] カテゴリ:バイク四方山話 | TB(0) | CM(2)

プロジェクトえーっくす 不屈の町工場 走れ魂のバイク

えぬえちけーで放送された、プロジェクトえーっくすのヨシムラ編です。


前半は、ゴッドハンドと呼ばれた腕を持つPOPヨシムラが、裸一貫で起こした工場が成功しつつある時に、取引先のホンダからソッポを向かれ、起死回生だと思ったアメリカ進出でもアメリカ人に騙され、さんざんな目にあっただけで終わってしまいました…。

後半はこちらから見られます。

再び渡ったアメリカの工場で火事を出してしまいます。 そしてその後、スズキからの要請でGS1000をチューンアップして、第一回鈴鹿8耐に望みますが…。

いやーかなり感動しましたね。 良いものを見させてもらいました。

[ 2010年03月15日 17:00 ] カテゴリ:動画 TV 映画 | TB(0) | CM(4)

在りし日の峠 [おそらく1990年頃]

たぶん1990年位の時代だと思われる、赤城山の様子です。

GSX-R750RKが走っているのにはビックリ。 でもこの時代、一番早いのは2スト250だったでしょう。 大垂水峠では、RZ125が下り最速でしたから。

こんなことしてた良い時代だったなあw。

[ 2010年03月13日 17:00 ] カテゴリ:動画 公道系 | TB(0) | CM(0)

Wild Hogs 団塊ボーイズ

WILD HOGSという、ジョントラボルタ主演の映画です。



昔、出張に行く飛行機の機内で見た記憶がありました。(リンク先を見てみたら、公開が2007年でした) 中年男4人組が、ハーレーを買って人生を変えよう!と意気込み、アメリカを旅する道中でドタバタに巻き込まれるといった内容です。 「団塊ボーイズ」という邦題が何ですが…。
割とアメリカっぽいコメディ映画で、楽しい映画だった記憶があります。 

アメリカツーリング楽しそうだなあw。

[ 2010年03月12日 17:00 ] カテゴリ:動画 TV 映画 | TB(0) | CM(0)

矢沢永吉 ヨーロッパツーリング 5,6,7

今回が最終回を含む、5,6,7です。

スーパーへ買出しに行くシーンでは、スイスのZermattでスキーガイドしていた時の事を思い出しました。 ドイツ語表記って、分からないときあるんだよなあ…。英語も通じない時がかなりあるし…。Zermattに居たのが、今から15年ぐらい前の事w。その時の事が懐かしいです。

そしてキャンプの宴は、飲んで騒いでと、ちょっと周りに迷惑気味ですw。
Part5

でも永ちゃん、生涯初めてのテント泊だそうで…w。 
ヨーロッパのキャンプ場、なんとなく上品なムードが漂っています。ヨットに誘われて乗ったり、いい雰囲気ですね。

その6です。 今回はドイツのアウトバーンを走り、ゴールのベルリン手前まで行きます。
Part6

永ちゃんにとってバイクとは「自分を自由にしてくれる戦闘機」と言っていましたね。 私も同感で、バイクとは自分が自由になる道具だと思っています。 スロットルをひねれば、自分が好きな時にに好きなところへ行ける、そんな乗り物ですね。

Motorcycle makes me free!

長かったですが、その7がファイナルです。
Part7

最後、乗ってきたバイクを叩き「サンキュー」と呟く永ちゃん、カッコいいです。

東西ドイツだった頃の思い出も興味深いものがありますね。 旅と言うのは、その土地々々の文化や風習、歴史を肌で感じる事でもあります。

ヨーロッパをバイクで旅するのは、一度やってみたいなあ…。


[ 2010年03月11日 17:00 ] カテゴリ:動画 ツーリング | TB(0) | CM(0)

矢沢永吉 ヨーロッパツーリング 3,4

永ちゃんがフランスからベルギーに入り、そこで一泊します。

Part3

ベルギーの港町の街並もなんとも言えず雰囲気がありますね。

ホテルを探している時や、夕食の時などの永ちゃんの話も中々良いことを言っています。人生を生きるにあたって、遮二無二に生きてきた男の言っている事は、中々含蓄がありますね。 

「どんなにお金があっても、気持ちがリッチじゃないと意味がない」という言葉はズドンと来ました。自分を信じてひたすらまっすぐに生きてきた人の言葉には、重みがあります。

その4はドイツに入り、ホテルではなくキャンプで一泊する準備をしています。
Part4

相変わらず子供に戻った大人のようで、非常に楽しそうなのが印象的です。

[ 2010年03月10日 17:00 ] カテゴリ:動画 ツーリング | TB(0) | CM(0)

矢沢永吉 ヨーロッパツーリング 1、2

2000年にTV放映された、矢沢永吉のヨーロッパツーリングの動画です。 これ偶然TVで見ていたので、また見られて嬉しいです。その時は殆ど最後のチョコっとしか見ていなかったので…。

Part1

子供のようにはしゃぐ永ちゃんが素敵ですね。 北海道に行った時とか、殆ど同じ気分でしたよ。 大の大人の男が子供に戻る瞬間は、何か微笑ましいものがありますね。

そしてまさかの事故…。こういったトラブルも旅先ではありますね。 ちなみに永ちゃんが乗っているのが、スズキのBandit1200(油冷)です。まさかの事故から、その後走り続ける事を決断します。

Part2

再び走り出した永ちゃん、昔の股をおっぴろげた走り方が時代の人だなと思わせますw。 当時のファンだった50手前ぐらいの人には涙物でしょうか?w。

事故のことを「俺の人生にも色々あったから、こんなことでもなんとも思わないし、それが人生だから」と、サラッと前向きに語るのがまたカッコいいです。 そして再び走り出した永ちゃん、また子供の顔に戻っているのも素敵ですね。 

今回はイギリスからフェリーでドーバー海峡を超え、フランスに入るまでです。 この当時はまだ通貨がユーロじゃなかったんですね。

[ 2010年03月09日 17:00 ] カテゴリ:動画 ツーリング | TB(0) | CM(2)

彼のオートバイ、彼女の島

2日連続でカワサキW650ネタです。 W650で色々とWebを漁っていると、往年のカワサキW1-W3のシリーズへとオマージュするカスタムが多いですね。 そこでよく出てくるのが、「彼バイ仕様」という言葉です。

彼バイとは、片岡義男の小説を映画化した「彼のオートバイ、彼女の島」で主人公が乗っているカワサキのW3の事でした。(キャプチャ写真は下記リンクから拝借)
kare14.jpg

これが「彼バイ」仕様のW650です。 (リンク先から画像拝借しています)
W070429.jpg

Wikiを見ると、小説は1977年に出版だそうです。映画は1986年公開との事ですが、題名だけは覚えてるけれど本編は見たことがありません。 Youtubeで検索したら出てきました。

予告編


本編出だしの5分


なんと若き日の竹内力が主人公のコオ役、ヒロインのミーヨは原田貴和子。 監督は尾道三部作の大林宣彦監督です。原田知世のお姉ちゃん、原田貴和子がヌードになっているのですが、健康的です。なんとコレがデビュー作の竹内力も若いですね。 ニコニコ風に画面にコメントできるのであれば、「後のVシネの帝王である…」とコメントしたくなりますw。 

これが原田貴和子のオパーイシーン


主人公が信州をツーリング中にヒロインの女性(ミーヨ)に出会い、その後偶然混浴の温泉で再会するという一場面が中年ライダーの妄想を刺激しますw。

このような出会いを夢見ているw??のですが、現実には中々無いですねw。(中々というか絶対ないだろw) 

[ 2010年03月07日 17:00 ] カテゴリ:動画 TV 映画 | TB(0) | CM(2)

カワサキ W650 トラッカーカスタム仕様

カワサキのW650が良いなと最近思っているですが、イマイチこのクラシカルな姿は自分のツボにハマりません。ノンビリと走り、時にはそこそこ加速するようなツーリング性能としては非常に良いと思われるのですが…。
W650.jpg


W650はSRと同じようにカスタムの素材としても結構良いらしいのですが、トラッカー風にカスタムしている車両もありました。これは結構カッコいい!
57_profile.jpg
ダートトラッカーの雰囲気でいじってあります。
57_sommers21.jpg
雰囲気出ていますね。
57_img9795.jpg

ふと気がついたのですが、自分的にはサラッと気軽に乗れる大型バイクを求めているので、このようなトラッカースタイルが好きなんでしょうね。 ハーレーのスポーツスター883もグッと来るのも、このような感じを求めているのでしょう。

例えば、スズキのグラストラッカービッグボーイですが、この手のスタイルで、大型バイクがあれば良いのになあと思います。
66680942_1.jpg
空冷パラツインSOHCまたはOHVで600~900cc位のエンジンでこのスタイルだったら良いんですけどね。国内メーカーのどこかで作ってくれないかなあ…(無理か)。

[ 2010年03月06日 17:00 ] カテゴリ:大型バイク選定 | TB(0) | CM(2)

1991年 WGP500ccクラス 鈴鹿ラストラップ

91年の鈴鹿で行われた、WGP500ccクラスです。 ラストラップの攻防ですが、4台がダンゴになって凄いです。

ドゥーハン[H]、シュワンツ[S]、レイニー[Y]、コシンスキー[Y]の4台が競りあっています。特に後半のドゥーハンとケビンシュワンツのバトルが凄い! そしてやはりシュワンツ!シケインのツッコミがハンパないです。 

やはり全盛期のケビンシュワンツ凄いですね。

[ 2010年03月04日 17:00 ] カテゴリ:動画 レース系 | TB(0) | CM(0)

ホンダがんばってる![CB1100]

ホンダの新型CB1100発売時期と値段が発表になりましたね。
pic-cb1100-02.jpg
ABS無しのモデルで99万7000円と、定価100万円を切ってきたのはそうとう頑張ったのではないでしょうか? 新車登録台数が大幅に減っているこのご時世凄いと思います。

下請けはJITとかで相当イジメられてるのか…w。

しかしタンク容量14Lってのが惜しい。 1100の直4だったら燃費は20~良くて22くらいと考えると、300kmワンタンクで走れない。200kmごとに警告ランプがついて燃料補給ってのは嫌だなあ。 タンクが20Lぐらいあったのであれば、候補になったと思うんだけど。

しかし、XXであれば買う、これがXXであれば買う、と色々なバイクに文句つけて言ってるんだけど、これって

「買 う 買 う 詐 欺」

なんだろうか?w

[ 2010年03月03日 17:00 ] カテゴリ:大型バイク選定 | TB(0) | CM(0)

Yamaha Super Tenere ヤマハ発動機公式発表サイト

新型Super Tenereに関して、ヤマハ発動機からの公式発表サイトがこちらになります。

stenereleft.jpg

下に公式発表の諸元をコピペしてみました。


2010年欧州モデル「Super Tenere」主要仕様諸元


 全長×全幅×全高  2,250mm×980mm×1,410mm
 シート高  LOW 845mm/HIGH 870mm
 軸間距離  1,540mm
 車両重量  261kg
 原動機種類  水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ
 気筒数配列  並列2気筒
 総排気量  1,199cm3
 内径×行程  98.0mm×79.5mm
 圧縮比  11.0:1
 最高出力  80.9kW(110PS)/7,250 r/min
 最大トルク  114.1N・m(11.6kgf・m)/6,000r/min
 始動方式  セルフ式
 燃料タンク容量  23L
 燃料供給  燃料噴射式
 タイヤサイズ (前/後)  110/80R19M/C 59V/150/70R17M/C 69V


車重261kgってのが、乾燥重量なのか装備重量なのか?。 装備重量であれば良いのですが、乾燥重量だとしたら装備重量で300kg弱になってしまいますね。


[ 2010年03月02日 17:00 ] カテゴリ:大型バイク選定 | TB(0) | CM(0)

これも匠の技?

分野的には如何なものか?と思われる、珍走系のボーボボボーボボという「コール」と呼ばれる排気音の動画です。 この動画を見ると、どのような分野にも匠がいるのだなあと感心してしまいました。 

爆音は迷惑極まりないのですが、この技は結構凄いのではないでしょうか。 バイクは楽器だったのか?と思うくらいですね。

見本を見せてくれている人も、人柄が良さそうで好感が持てますw。でも人の迷惑になってはいけないから、無人島とか、北海道の半径10km何もない処でやってくれたらよろしい!w

どこかで見たのですが、珍走団のバイク改造は、カッコいいと思われるものの集合体だそうです。 
垂幕風防、旗棒→プレス(報道)バイク
ロケットカウル→レーサー
3段シート、絞りハンドル→アメリカン(イージーライダー等のヒッピームーブメントから)

もはやこれは独自の路線を行く文化になっていますねw。 しかし、単車が未だに20世紀の遺物の様なCBXとかGSを使っているのは何故なのだろうか??? 

[ 2010年03月01日 17:00 ] カテゴリ:動画 その他 | TB(0) | CM(0)
スポンサードリンク
Ads
プロフィール

コバタケ

Author:コバタケ
ホンダNC700Xに乗る中年ライダーです。基本的に毎日更新のバイク情報Blogなので、よろしくお願いします。

ブログランキング参加中
Blog内検索
カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ(タブ)

2017年 08月 【21件】
2017年 07月 【29件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【30件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【27件】
2017年 02月 【27件】
2017年 01月 【30件】
2016年 12月 【30件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【30件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【30件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【31件】
2015年 12月 【31件】
2015年 11月 【29件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【28件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【29件】
2015年 06月 【31件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【28件】
2015年 01月 【31件】
2014年 12月 【31件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【31件】
2014年 09月 【31件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【29件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【29件】
2014年 01月 【31件】
2013年 12月 【31件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【31件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【32件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【30件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【32件】
2012年 12月 【31件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【32件】
2012年 09月 【32件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【31件】
2012年 06月 【31件】
2012年 05月 【31件】
2012年 04月 【31件】
2012年 03月 【32件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【31件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【33件】
2011年 09月 【30件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【30件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【34件】
2011年 02月 【27件】
2011年 01月 【25件】
2010年 12月 【26件】
2010年 11月 【26件】
2010年 10月 【29件】
2010年 09月 【21件】
2010年 08月 【22件】
2010年 07月 【23件】
2010年 06月 【20件】
2010年 05月 【21件】
2010年 04月 【19件】
2010年 03月 【23件】
2010年 02月 【21件】
2010年 01月 【22件】
2009年 12月 【24件】
2009年 11月 【22件】
2009年 10月 【23件】
2009年 09月 【24件】
2009年 08月 【19件】
2009年 07月 【26件】
2009年 06月 【22件】
2009年 05月 【25件】
2009年 04月 【17件】
2009年 03月 【18件】
2009年 02月 【14件】
2009年 01月 【22件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【15件】
2008年 10月 【11件】
2008年 09月 【11件】
2008年 08月 【12件】
2008年 07月 【5件】
2008年 06月 【2件】
2008年 05月 【1件】
2007年 12月 【1件】
2007年 11月 【4件】
2007年 09月 【1件】

FC2カウンター
リンク
Twitterでツイートしてます