I'm on my way

不定期更新!バイク情報ブログ [HONDA NC700X]
I'm on my way TOP  >  2012年04月30日

NC700X インプレッション その2 [慣らし終了-全開編]

先日ようやく1000kmの慣らし運転が終わり、運転にも慣れてきたNC700Xです。 慣らし運転が終わったので、またインプレを書いてみたいと思います。

あくまで素人のインプレなんで、前に所有していたジェベル250XCとの相対的なインプレになってしまいます。 これがNC700Xの絶対値ではありません。あくまで素人の感じ方なんで、読んでいる皆様に異論はあろうかと思いますが、ご容赦ください。

2012_0428T001.jpg

■エンジン
慣らしが終わったので、レブリミットまで引っ張ってみました。 当たり前ですが、ジェベルと比較して、凄く速いです…w。 3速6000ぐらいであっという間に90km出るので、もう十分過ぎます。 

中速トルクが厚く、スルスルッとあっという間に100kmぐらいまで加速するので、100kmぐらいまでの加速なら、かなり速いですね。 しかも速い感じがしない! スルスルあっという間に加速するんで、メーターを見て驚くタイプの加速です。 

エンジンの吹け上がりが凄いとかじゃなく、ダダダダッ!とトルクで加速していく感じなので、直4エンジンなどの、フォーン!と吹け上がるエンジンに乗りなれた人には異質な感じなんじゃないかと思います。 ロングストロークなんで、アメリカンのVツインエンジンのフィーリングですね。

雑誌などで書かれていた、回転が後1000回転伸びれば…なんてのは全然感じませんでした。 ジェベル250から、一時真剣にハレの883Rも乗り換え候補にしていたほどトルク型のエンジンが好きなので、回さないで走るのがツインの鼓動感を楽しみながら乗る、ロングストロークのエンジンの乗り方なんだと思っています。

2000-4000回転ぐらいで流している感じが、ロングストロークの味があります。 上まで回しても、あまり面白いエンジンではありませんね。 ロングストロークの鼓動感を味わって、のんびり流すのがイイです。

■燃費
燃費はこれ以上ないぐらい良いですね。 ロングツーリングでは30km以上、33km/L以上の燃費まで出て、ジェベル250よりも確実に省燃費です。 高速やロングツーリングでは、(自分の場合)確実に30km/L以上走ってくれますから、航続距離は300km-400km位で充分です。 

NC700Xはタンクが14Lですが、燃費が20km程度で20Lタンクのバイク以上に航続距離が伸びてる計算です。 もちろん、エンジンを回せばもっと燃費は落ちると思いますが、3000回転程度回せば美味しいエンジンなので、非常にツーリング向きだと思います。 燃費は悪いより良いほうが、お財布にも優しくて嬉しいしね。

■高速道路走行
高速にも乗ってみましたが、ウィンドプロテクションは良いですね。 特にフロントからサイドにかけての外装が仕事しているのがわかります。 ジェベルでは下半身に風が当たりっぱなしでしたが、NC700Xでは膝頭あたりにわずかに風を感じ、モモの付け根辺りには風は感じません。 

ジェベルでは辛い苦行のような高速走行が、エンジンの出力や外装の空力ですごく楽に110km巡航出来ます。 高走走行の6速トップギアだと、3000-3400回転ぐらいで95-115km程度の走行になり、燃費も伸びる美味しい回転数で巡航できます。 NC700Xは、実によく実用域を計算されている設計だと思います。 やるなホンダ!

■ブレーキ
ブレーキもよく効きます。 フロントがシングルディスクですが、公道ではシングルで十分!と思えるぐらいの効き味です。

■操作性
低重心なので安定しています。 ワインディングでは、スパっと寝る感じではないですが、低重心でゴロン、ゴロン、とちょっとダルな感じでコーナーをいなしていく感じです。 運動性能は、軽快な感じではありませんが、一般の公道では、低重心から来る安定性のほうがメリットがあるように思えます。

■乗車ポジション
ハンドルは広めですね。 殿様乗りできるポジションですが、ヨーロッパで販売するのがメインなせいなのか、大柄な人向けのポジションですね。 シートとステップの位置も程よく、膝の曲がりもきつ過ぎない感じです。 以前ポジションを確認したカワサキVersysは、シートとステップが近すぎて馴染みませんでしたが、NC700Xは膝の曲がりも緩く、ちょうどよい感じです。 (当方身長186cm)

■シート
これも凄くいい! ジェベルでは200kmぐらいでかなり尻が痛くなり、400kmぐらい走ると、時々スタンディングして走らないとダメなぐらいですが、400km走っても、全然尻が痛くなりません。
ちなみにジェベルの時から、Gパンの下にCW-Xのスパッツをいつも履いています。 
ちょっと気になるのが、座面が先さがりになる感じ。 体重100kg超の人が乗ってちょうどよい感じになるのか?

2012_0428T000.jpg


▲ネガティブポイント
いままで褒めていたので、自分的なネガティブポイントを挙げてみます。

▲リヤサス
リヤサスが硬くて跳ねる時がある。 特に、3桁国道の荒れている狭い峠道などで顕著に感じる時があります。 せっかくリンク式のプログレッシブ特性のモノサスなのに、なんかあんまり仕事してないような感じがします。 

299麦草峠のような、荒れている部分もある狭いタイトな峠道では、けっこうおっかなく感じる時がありますね。 オフ車のジェベル250のような、ストロークの長い柔らかめの足に慣れてしまったので、ゴツゴツ固く感じるリヤサスには慣れません。 オーリンズのリヤサスが出たら、いっその事オーリンズに変えてしまってもいいかも…と思っています。

▲タイトコーナーが苦手
重心が低いからなのか、180度回るタイトコーナーとか、タイトなS字が苦手です。 なんか向きがよく変わらない気がする…。 ジェベルの時には、軽さを生かしてスィっといなしていたコーナーが、NC700Xでは凄く苦手になりました。 

峠道をそんなに攻めているわけでもないんですけど、タイトコーナーが続く所や特にタイトなS字は、ッ…ゴロン(一拍おいて)、ッ…ゴロン!みたいな、ちょっとダルな感じです。(ジェベルに比べて)

特に299麦草峠のような、路面が荒れていたり、180度回りこむタイトコーナーが沢山ある峠道では、ジェベルの時よりも全然走れません。 どっちかというとNC700Xでは苦手になってしまいました。 ジェベルでは、タイトコーナーは得意中の得意だったんですけどね。

重さも感じるし、リヤサスがしなやかじゃないので、タイトコーナーが続く峠の下りは苦手っぽいですね。

でも、あんまり運動性能がいいと、ついつい峠道で飛ばしたくなるので、今度から飛ばさなくてもゆっくり走れば安全だし、それでいいのかも知れません…。今から思うと、結構ジェベル250XCって運動性能良かったんですよね~。 

▲整備性
乗ったインプレではないですが、外装を取るのに一苦労するのは如何なものかと…。 樹脂のクィックファスナーも多いし、樹脂のカウル類を複雑に組み合わせている外装類が、時間が経って硬化したり劣化した時が心配。 整備を全部ディーラーに任せるのではなく、必要な部分は自分でやるDIY派には、ちょっと不向きかもしれません。 これはサービスマニュアルを買えばいいのか…w。


上でタイトコーナーが苦手と書きましたが、上手い人が乗れば、NC700Xもちゃんと動くんでしょうね。 あくまでも自分はそこら辺の素人程度なんで、その辺りを加味して読んでください。 

それでも峠をちょっとスポーツしたくなったら…

今度発売されるであろう、KTMのDuke350でも買うか!www (無理!)
スポンサーサイト




[ 2012年04月30日 17:00 ] カテゴリ:NC700X | TB(0) | CM(2)
スポンサードリンク
Ads
プロフィール

コバタケ

Author:コバタケ
ホンダNC700Xに乗る中年ライダーです。基本的に毎日更新のバイク情報Blogなので、よろしくお願いします。

ブログランキング参加中
Blog内検索
カレンダー
03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ(タブ)

2019年 03月 【12件】
2019年 02月 【23件】
2019年 01月 【31件】
2018年 12月 【31件】
2018年 11月 【30件】
2018年 10月 【30件】
2018年 09月 【30件】
2018年 08月 【31件】
2018年 07月 【31件】
2018年 06月 【30件】
2018年 05月 【31件】
2018年 04月 【30件】
2018年 03月 【32件】
2018年 02月 【28件】
2018年 01月 【22件】
2017年 12月 【28件】
2017年 11月 【29件】
2017年 10月 【31件】
2017年 09月 【28件】
2017年 08月 【31件】
2017年 07月 【29件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【30件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【27件】
2017年 02月 【27件】
2017年 01月 【30件】
2016年 12月 【30件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【30件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【30件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【31件】
2015年 12月 【31件】
2015年 11月 【29件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【28件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【29件】
2015年 06月 【31件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【28件】
2015年 01月 【31件】
2014年 12月 【31件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【31件】
2014年 09月 【31件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【29件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【29件】
2014年 01月 【31件】
2013年 12月 【31件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【31件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【32件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【30件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【32件】
2012年 12月 【31件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【32件】
2012年 09月 【32件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【31件】
2012年 06月 【31件】
2012年 05月 【31件】
2012年 04月 【31件】
2012年 03月 【32件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【31件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【33件】
2011年 09月 【30件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【30件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【34件】
2011年 02月 【27件】
2011年 01月 【25件】
2010年 12月 【26件】
2010年 11月 【26件】
2010年 10月 【29件】
2010年 09月 【21件】
2010年 08月 【22件】
2010年 07月 【23件】
2010年 06月 【20件】
2010年 05月 【21件】
2010年 04月 【19件】
2010年 03月 【23件】
2010年 02月 【21件】
2010年 01月 【22件】
2009年 12月 【24件】
2009年 11月 【22件】
2009年 10月 【23件】
2009年 09月 【24件】
2009年 08月 【19件】
2009年 07月 【26件】
2009年 06月 【22件】
2009年 05月 【25件】
2009年 04月 【17件】
2009年 03月 【18件】
2009年 02月 【14件】
2009年 01月 【22件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【15件】
2008年 10月 【11件】
2008年 09月 【11件】
2008年 08月 【12件】
2008年 07月 【5件】
2008年 06月 【2件】
2008年 05月 【1件】
2007年 12月 【1件】
2007年 11月 【4件】
2007年 09月 【1件】

FC2カウンター
リンク