I'm on my way

ほぼ毎日更新!バイク情報ブログ [HONDA NC700X]
I'm on my way TOP  >  2014年11月
月別アーカイブ  [ 2014年11月 ] 

≪ 前月 |  2014年11月  | 翌月 ≫

第45回全国白バイ安全運転競技大会ダイジェスト

2014年に行われた白バイの競技会、第45回全国白バイ安全運転競技大会ダイジェスト動画です。 こちらはMotoBasicさんの動画です。

こちらがバランス走行操縦競技


こちらが傾斜走行操縦競技


あの重いCB1300SBのさらにポリス仕様ですから、恐らく装備重量で300kg位はあるんでしょうね。 その車両をブンブン振り回すのは凄いとしか言いようがありません。 更にどちらの競技もサイドバンパーを擦ると減点なんですよね…。 コレを見ると、今更ながらにもし違反をしてしまったら素直に捕まろうと思いました…(笑)。

[ 2014年11月30日 17:00 ] カテゴリ:動画 白バイ | TB(0) | CM(0)

カワサキの正規輸入代理店ブライトで、Ninja H2取り扱い開始!価格は270万円(税込み)

ついにカワサキのスーパーチャージャー付き直列4気筒1000ccのモンスターバイク、カワサキ Ninja H2の販売がカワサキ正規輸入代理店ブライトで公式発表されています。 販売は2015年3月、価格が税込み270万円!! 12月20までの受付で完全受注生産 、その後の再販予定なしだそうですから、欲しい人は急いだほうが良いですね。

ワサキ正規輸入代理店ブライト: Ninja H2
(かなり繋がりにくくなってます)

バイクブロスさんの記事:カワサキ「Ninja H2」をブライトが2015年3月から発売

NinjaH2_01.jpg



欲しい人は急いだほうが良いですね。 今すぐブライトに電話を!!(ブライトのページも本日大変繋がりにくくなってますね。 それだけ注目度が高いようです。)

[ 2014年11月29日 17:00 ] カテゴリ:新型車とスクープ記事 | TB(0) | CM(0)

KTM 1190 Adventure フルパニア仕様でエクストリームスタント

モンスターエナジーの契約フリースタイルスタントライダー、木下真輔選手がKTMのアドベンチャーバイク 1190 Adventureのこともあろうかフルパニア仕様でエクストリームライディングをしている動画です。

良くツーリングで見かけるフルパニア仕様でこんな走りをしていたら、ビックリしますよね(笑)。1190Adventureの巨体+フルパニアでも、腕が良ければこんな走りを出来るという見本でした。 こりゃーすげえや。

[ 2014年11月28日 17:00 ] カテゴリ:動画 エクストリームスタント | TB(0) | CM(0)

スーパーカブ90をオーバーホールしてみた

タイトルの通り、スーパーカブ90をセルフオーバーホールしている動画です。

空冷単気筒エンジンだと、マニュアル+気合+愛情さえあれば専門知識がなくともなんとかできそうですね。 メカニックの勉強にもなりますし、一度こういったエンジンオーバーホールを自分でもやってみたいなと思える動画です。

[ 2014年11月27日 17:00 ] カテゴリ:動画 その他 | TB(0) | CM(0)

SUZUKI 2014MotoGP 最終戦ワイルドカード参戦とバレンシアテスト

2015年よりMotoGP復帰を予定しているスズキですが、一足先に2014年のバレンシアGPにワイルドカードで参戦したので、その様子です。 最終戦の後のバレンシア公式MotoGPテストの様子もありますね。 スズキ GSX-RRの勇姿が動画で見られます。

最終戦のワイルドカード参戦の結果ですが、予選20位、決勝リタイアでした。 

2015年のスズキMotoGPマシンGSX-RRのライダーですが、2014年のオープンカテゴリーウイナーであるアレイシ・エスパルガロと、Moto3クラスのチャンピオンであるマーべリック・ビニャーレスで戦うようです。 2015年のMotoGP開幕が楽しみです。

[ 2014年11月26日 17:00 ] カテゴリ:動画 MotoGP | TB(0) | CM(0)

NC700XのSkidmarxスクリーンにガーニーフラップを追加 【プレゼント企画付き!】

久しぶりのカスタムネタです。 今回も例によって小ネタなのですが、愛車のNC700Xのスクリーンにフラップを追加してみました。 NC700XにはイギリスのSkidmarx製ロングスクリーンを装着しているのですが、丁度バイクに跨って走ると、ヘルメットのスクリーンに風が直撃しているようで、夏にはヘルメットのスクリーンに虫が付くのが多い気がします。 なので、少しでも風の流れが変わるように、スクリーンの上端に返しの部分を付けたいなと思っていました。

こちらが装着しているSkidmarx製スクリーンです。
skidmarx_tallscreenT0002.jpg

今回見つけたのはコレです。 ネットで見つけた、エーモンの「エーモン 2648 風切り音低減モール ボンネット用」です。

エーモン 2648 風切り音低減モール ボンネット用 2648
by カエレバ


狙いとしては、X-Creenのようなフラップの効果です。 追加のフラップは1万円以上しますが、こちらのモールは1800円程度とコスパも良いですね。 もしダメだったら、両面テープで取り付けなので剥がしてしまえば良いと思ってオーダーしました。

自宅に届いたエーモン 2648 風切り音低減モール ボンネット用がこちら。 F1のウイングにつけるガーニーフラップのような物ですね。  
Flap_2014_11001.jpg

この断面図のようになっているモールです。 風の流れを変えてくれそうなので、こちらを購入してみました。
Flap_2014_11002.jpg
しかし、車のボンネット用なので、長さが2mあります。 そんなにいらんっちゅーねん(笑)。

早速スクリーンに装着してみました。 モール自体には強力な両面テープが装着してあり、剥がれてくる懸念は少なさそうです。 取り付けのRがきついので、ドライヤーで事前に温めてから貼り付けを行いました。
Flap_2014_11003.jpg

早速高速を走ってみました。 かなり風の流れが変わってきます。 こちらは談合坂SAで写した写真。 モールはクリアのダークグレーで、スクリーンの上端に取り付けても違和感がありません。
Flap_2014_11004.jpg

横から見た図。 
Flap_2014_11005.jpg

乗車位置から見た感じです。 色がクリアグレーなので、高級感があります。
Flap_2014_11006.jpg

モールを取り付けた後、高速で東京-山梨間を3回走ってみた感想です。 スクリーン上端にフラップ形状の物を取り付けた関係上、やはり乱流が出来てしまい、多少音が大きくなった感覚がありますね。 しかしながら風の流れは変わっていると思います。 晩秋なので虫が少ないのですが、やはり以前よりはヘルメットのスクリーンに当たる虫が少なくなった気がします。

こちらの「エーモン 2648 風切り音低減モール ボンネット用 2648」ですが、2mの長さで購入したため、まだかなりの長さが在庫になっています。 バイクのスクリーンであれば30-40cmあれば十分だと思いますから、こちらを30-40cm単位で切り、このブログを読んでいただいている方に抽選で3名の方にプレゼントしたいと思っています。

応募方法は、こちらの記事にコメントで「スクリーン用フラップ希望」としてコメントをして下さい。 応募期間は12月2日 23時までの期間で受け付けます。 応募多数の時はこちらで抽選になります。 (メルアドは応募時点では入力しなくて大丈夫です。当選者様を決めた後、メルアドを改めて聞きますので、その時始めて鍵付きコメントで返信していただく形になります) その際、当ブログ管理人に激励のお言葉等を頂くと、当選する確率がグンと上がる可能性があります(笑)。

最低限の挨拶等や、プレゼントが届いたら「届きました」ぐらいの返信は心がけて下さる、大人な対応をして頂ける方のご応募をお待ちしています。 

エーモン 2648 風切り音低減モール ボンネット用 2648
by カエレバ

[ 2014年11月25日 17:00 ] カテゴリ:NC700Xカスタム記録 | TB(0) | CM(6)

KTM Super Duke R 1290 で300km/h

KTMのスーパーネイキッド Super Duke R 1290で暴走し、時速300kmを出している動画です。


動画の2:41辺りでメーター読み299km/hが表示されていますね。 このKTM Super Duke R 1290ですが、1301cc Vツインエンジンで180馬力を絞り出しているんですが、何とネイキッドなんですよね。 カウル無しのバイクで300kmって凄い風圧でしょうね。 それにしても…恐ろしい運転するなあ…(冷汗) 

[ 2014年11月24日 17:30 ] カテゴリ:動画 公道系 | TB(0) | CM(0)

Aprilia Caponord 1200 Rally PV

BMW R1200GSがベンチマークのビッグアドベンチャーバイクですが、他のメーカーもこのクラスのバイクをリリースしていないメーカーは殆どなくなったと思います。 こちらのPVも、アプリリアがリリースする Caponord1200 RallyのPVです。 Caponordってカポノルドと読むのかな?(笑)

このPVも例によってアドベンチャーらしさを全面に出してますね。 やはりこの手のアドベンチャーバイクですが、ツーリング用途に持ってこいなので、世界的人気なのも頷けます。 

[ 2014年11月23日 17:00 ] カテゴリ:動画 PV系 | TB(0) | CM(0)

カワサキ Ninja H2R 鈴鹿サーキットデモ走行ダイジェスト

カワサキの話題を独占している新型車両、Ninja H2Rの鈴鹿サーキットでのデモ走行の模様です。

排気音は爆音ですね。 ストレートでのウィリーを見ると、やはり300馬力は伊達ではないようです。 ちなみにこのNinja H2Rですが、公道走行できないモデルでも発売はするようです。 MSLゼファーさんによると、US物の販売でH2は300万円、サーキット専用車両のH2Rは600万円です。

300馬力のバイクを自分で作ることを考えたら、恐らく600万円という金額は安いんだと思いますね…(笑)。

[ 2014年11月22日 17:00 ] カテゴリ:新型車とスクープ記事 | TB(0) | CM(0)

バイクでボブスレーのコースを走り、スキーのジャンプ台から飛んでみた

これは凄い動画です。 タイトル通りなのですが、モタードのバイクでボブスレーのコースを走り、スキーのジャンプ台を走ってジャンプしています。

映像もすごく綺麗ですね。 10月21日に公開してから、もう380万ヒットな動画なのも頷けます。 これは凄いとしか言い様がない動画です!!!

[ 2014年11月21日 17:00 ] カテゴリ:動画 OFF系 | TB(0) | CM(0)

ヤマハ 新型YZF-R1 製作陣がデザイン思想を語る

ヤマハ発動機の公式動画ですが、2015年でフルモデルチェンジとなった、YZF-R1のデザイン思想を語っている動画です。 これは開発者の思想を語っているので、非常に興味深い動画でした。

デザインのテーマが「スピード・レーサー」と「R DNA」ということだったんですね。


外側だけではなく、中側を通る空気までイメージしたデザインで、実際に空力も非常に良いようですね。

ヤマハの世界販売拠点からの意見で、最初はこちらのデザインは凄く反対されたというのも面白いです。

昔からヤマハのバイクデザインは非常に定評がありました。 デザインに拘っているヤマハの企画+デザイナーの意見が聞ける、貴重な動画でした。

[ 2014年11月20日 17:00 ] カテゴリ:動画 PV系 | TB(0) | CM(0)

ヤマハ YZF-R25 VS カワサキ Ninja250R サーキット対決

11月初旬から日本でも発売開始した期待の新型車、ヤマハ YZF-R25と、ライバル関係にあるカワサキ Ninja250のサーキット走行で比較している動画です。

インドネシアのローカルサーキットで撮影していますが、かなり路面がバンピーですね。 動画ではNinja250が若干良いタイムですが、やはりNinjaはテスト車両がハイグリップタイヤを履いている分アドバンテージがあるようですね。 同じ銘柄のタイヤであれば、恐らくR25がエンジンのパンチで有利のようです。


[ 2014年11月19日 17:00 ] カテゴリ:新型車とスクープ記事 | TB(0) | CM(0)

BMW S1000RR vs BMW M5

BMWのスーパースポーツバイク S1000RRと、同じくBMW M5がガチンコ対決している動画です。

BMW M5を調べてみたら、V型8気筒 4.4Lエンジンで560馬力とか! 動画はハーフウェットのサーキットで走っているので、ちょっとバイクには分が悪いコンディションでした。 

[ 2014年11月18日 17:00 ] カテゴリ:動画 バイクvs車 | TB(0) | CM(0)

2015 BMW F800R

こちらもEICMAミラノショーでデビューしていましたが、BMWの新型F800Rです。

今までのF800Rよりもスポーティな雰囲気になったなと思ったんですが、やはりヘッドライトの変更が大きいですね。 こちらが写真です。
2015BMW_F800R_01.jpg

良くも悪くもF800Rの特徴的だった左右非対称のデュアルヘッドライトが、このように今どきの異型ライトになりました。
2015BMW_F800R_02.jpg

個人的にはよりスポーティなイメージになったF800R、カッコイイと思います。

秋のイタリアのEICMAミラノショーの時期は、バイクのニューモデルが多数発表されます。 順次こちらのブログでも記事にしていく予定ですが、小生がまとめているNaverまとめの「バイクのニューモデルとモデルチェンジ情報」でも速報で更新しているので、こちらも合わせて御覧ください。

Naverまとめ:バイクのニューモデルとモデルチェンジ情報

[ 2014年11月17日 17:00 ] カテゴリ:新型車とスクープ記事 | TB(0) | CM(0)

2015 カワサキ Versys1000 PV

2015年型でガラッとイメージを変えてきた、カワサキのアルプスローダー Versys1000のPVです。

撮影している所が本場のヨーロッパアルプスで、非常に景色がいいですね。 こんな所を走ってみたいなあと思わせます。 このVersys1000ですが、エンジンは基本的にZ1000のインライン4を載せています。 最初はキワモノかとおもいきや、2015年のEICMAミラノショーでもBMWがS1000RRのエンジンを積んだ、S1000XRというアルプスローダーをデビューさせている辺り、カワサキのマーケティングは正しかったんですね。

[ 2014年11月16日 17:00 ] カテゴリ:新型車とスクープ記事 | TB(0) | CM(0)

カワサキ Ninja H2R 最新PV

カワサキの話題を独占している新型車、Ninja H2Rの最新PVです。 やはり998ccインライン4+スーパーチャージャーエンジンで、300馬力は強烈ですね!

こちらのNinja H2Rですが、H2と同じくこちらも市販されるんだとか! Ninja H2Rはサーキット専用車両で公道走行は不可なのですが、値段はなんと600万だそうです! ロシアあたりでは公道で乗る人も居るかも?(笑)

[ 2014年11月15日 17:00 ] カテゴリ:新型車とスクープ記事 | TB(0) | CM(0)

2015 Ducati Multistrada 1200

2015年型のドゥカティ ムルチストラーダ1200のPVです。 英語表記だとマルチストリートになりますね。

全体的にはキープコンセプトですが、やはりライトが迫力ありますね。 装備重量も230kg台とこの手のバイクだとかなり軽いので、日本で人気があるのも分かります。

[ 2014年11月14日 17:00 ] カテゴリ:動画 PV系 | TB(0) | CM(0)

HONDA True Adventure - Episode 1

2014EICMAミラノショーでホンダが出展した、True Adventureの意味深なシリーズ動画です。 Episode1/The Dreamですが、往年のパリダカでのホンダマシンの活躍の様子ですね。


ちなみにTrue Adventureですが、こんなバイクです。
TrueAdventure2014_03.jpg

True Adventureですが、こちらのページこの写真をよく見ると、クラッチレバーとシフトペダルが無いんですよね。 恐らくコレはDCT装備しているんでしょうね。

過去にはホンダのバダリーニ式ATのHFTを積んだ純モトクロスレーサーのRC250MAが全日本チャンピオンを取っていますから、ATバイクがレーシーじゃないとは言えないんですよね。 ちなみに現在でも市販車のDN-01のミッションはHFTです。

話がそれましたが、DCT装備していると思われるこのオフロード車、個人的には発売されたらかなり欲しくなるなあ…とは思います。 昔からこういったビックオフは憧れてましたから、国産でこのような新型車が出るのは大歓迎ですね。 ホンダさん、コレを出してくれたら愛車のNC700Xを下取りにして買いたいですよ!

秋のイタリアのEICMAミラノショーの時期は、バイクのニューモデルが多数発表されます。 順次こちらのブログでも記事にしていく予定ですが、小生がまとめているNaverまとめの「バイクのニューモデルとモデルチェンジ情報」でも速報で更新しているので、こちらも合わせて御覧ください。

Naverまとめ:バイクのニューモデルとモデルチェンジ情報

[ 2014年11月13日 17:00 ] カテゴリ:新型車とスクープ記事 | TB(0) | CM(0)

ヤマハ YZF-R1M 公式PV

ヤマハモーターUSAの公式動画で、2015年型のYZF-R1MのPVです。 

砂漠のど真ん中のサーキット(英語で言うとレーストラック)が、いかにもカリフォルニア辺り景色ですね。 ここってウィロースプリングかな? ヤマハモーターUSAの動画は珍しいですが、やはりR1はアメリカでも人気なんでしょうね。

秋のイタリアのEICMAミラノショーの時期は、バイクのニューモデルが多数発表されます。 順次こちらのブログでも記事にしていく予定ですが、小生がまとめているNaverまとめの「バイクのニューモデルとモデルチェンジ情報」でも速報で更新しているので、こちらも合わせて御覧ください。

Naverまとめ:バイクのニューモデルとモデルチェンジ情報

[ 2014年11月12日 17:00 ] カテゴリ:新型車とスクープ記事 | TB(0) | CM(0)

BMW S1000XR がEICMAミラノショーでデビュー

BMWの新型車、S1000XRがEICMAミラノショーでデビューしています。 スーパースポーツのS1000RRをベースにしたアルプスローダーなんですが、まずは写真を。

エンジンはS1000RR譲りのインライン4エンジン999ccで、160馬力なんだそうです。
2015BMW_S1000XR_01.jpg

フロントにステアリングダンパーが付いている辺り、走りにこだわった感じですね。
2015BMW_S1000XR_02.jpg

アップハンでポジションは楽そうです。
2015BMW_S1000XR_03.jpg

オプションのパニアもつければ、長距離ツーリングも悠々こなせそう。
2015BMW_S1000XR_04.jpg

同じジャンルとしては、カワサキのVersys1000があります。 Versys1000も、Z1000譲りのインライン4エンジンを積んだアルプスローダーです。
2015BMW_S1000XR_05.jpg

大型デュアルパーパスツアラーの世界的ベンチマーク機種になっているR1200GSを作っているBMWですが、果たしてこんなキワモノ的なバイクは必要だったんでしょうか? 少なくとも日本ではあまり売れ無さそうな感じですが、やはりEUではニーズがあるのでしょうか? BMWにしては、ちょっと不思議な感じの新型車でした。

秋のイタリアのEICMAミラノショーの時期は、バイクのニューモデルが多数発表されます。 順次こちらのブログでも記事にしていく予定ですが、小生がまとめているNaverまとめの「バイクのニューモデルとモデルチェンジ情報」でも速報で更新しているので、こちらも合わせて御覧ください。

Naverまとめ:バイクのニューモデルとモデルチェンジ情報


[ 2014年11月11日 17:00 ] カテゴリ:新型車とスクープ記事 | TB(0) | CM(0)

2015 KTM 1050 Adventure

EICMAミラノショーの各メーカー出展車を見て、オッ!と目が止まったのがこの1台、2015年型 KTM 1050 Adventureです。 外装は1190Adventureと同じなんですが、エンジンは1050cc/95psを積んでいて、コストを抑えた仕様になっているとの事です。

Webikeニュース:【新車】KTM、ミラノショーで「1050 ADVENTURE」を発表

世の中尖った性能ばかり求められているわけではないので、こういう中庸なモデルを好む人も多いと思います。 今のところEU圏内でしか発売予定がないようですが、日本で今1190 Adventureは180万円程度ですから、この1050Adventureを120-130万円ぐらいで売ってくれたら、国産の機種と同程度か安いぐらいです。 これ、日本で売ってくれないですかね?

写真がこちら。車体は1190Adventureと一緒なので、迫力あります。
2015KTM1050Adv_01.jpg

エンジンが1050cc/95馬力と1190Adventureよりも見劣りしますが、十分過ぎる性能です。
2015KTM1050Adv_02.jpg

廉価版ではなく、ライドバイワイヤや電子制御は1190Adventureと同等のようです。
2015KTM1050Adv_03.jpg

212kgの装備重量は魅力ですね。
2015KTM1050Adv_04.jpg

流石にパニア装備も決まっています。
2015KTM1050Adv_05.jpg

迫力あるフロントビューです。
2015KTM1050Adv_06.jpg


電子制御は上級モデルと同等なので、日本円で120万は厳しいでしょうか。 1190Adventureが180万円程度なので、130-140万円程度だったらかなり欲しい気分になりますね。

秋のイタリアのEICMAミラノショーの時期は、バイクのニューモデルが多数発表されます。 順次こちらのブログでも記事にしていく予定ですが、小生がまとめているNaverまとめの「バイクのニューモデルとモデルチェンジ情報」でも速報で更新しているので、こちらも合わせて御覧ください。

Naverまとめ:バイクのニューモデルとモデルチェンジ情報

[ 2014年11月10日 17:00 ] カテゴリ:新型車とスクープ記事 | TB(0) | CM(0)

HONDAの気になるコンセプト車 True Adventure 【Honda EICMA True Adventure concept】

EICMAミラノショーで気になるバイクが1台ありました。 ホンダのコンセプト車なのですが、True Adventureと名付けられたコンセプト車です。 あまり非現実的で市販予定がまったく無さそうなコンセプト車は興味が無いのですが、コレはかなり興味をそそられました。

本田技研公式プレスリリース:EICMA2014(ミラノショー)出展概要

こちらを読むと、こんなことが書いてあります。 (以下本田技研プレスリリースから抜粋)

■ True Adventure
Hondaが提案する新しいアドベンチャーモデルです。開発にあたっては、オフロードでの優れた走行性能を追求し、これまでのアドベンチャーモデルで培ったテクノロジーや、「チーム・エイチアールシー(Team HRC)」のワークスマシン「CRF450 RALLY」のレーシングテクノロジーを反映したプロトタイプです。

ホンダのダカール・ラリーマシン CRF450 Rallyのフィードバックが入っている本格オフローダーのプロトタイプのようです。 ひょっとしてこれは・・・、往年のアフリカツインの再来??? 

写真がこちらです。 エンジンのエキパイが2本なので、ツインエンジンではないかと推測します。 なので排気量は600-900cc位でしょうか?
TrueAdventure2014_01.jpg

フレームはアルミのようですね。 もしくはスチールの角でしょうか。
TrueAdventure2014_02.jpg

エンジンブロックがやはり250よりは大きい気がします。
TrueAdventure2014_03.jpg

リヤを見ても、フェンダーに取り付いたステーでウインカーとナンバーを付けられそうですね。
TrueAdventure2014_04.jpg

本格的にオフロード走行が楽しめるビッグオフローダーは、今のところKTMやBMW、トライアンフ、国産だとヤマハのスーパーテネレ1200等しかないのが現状ですね。 その辺りにホンダも本格参入するんでしょうか? このコンセプトマシンはアフリカツインの再来になるようであれば、相当購入意欲が湧いてきます。 国産のビッグオフ欲しいなあ・・・。

秋のイタリアのEICMAミラノショーの時期は、バイクのニューモデルが多数発表されます。 順次こちらのブログでも記事にしていく予定ですが、小生がまとめているNaverまとめの「バイクのニューモデルとモデルチェンジ情報」でも速報で更新しているので、こちらも合わせて御覧ください。

Naverまとめ:バイクのニューモデルとモデルチェンジ情報

[ 2014年11月09日 17:00 ] カテゴリ:新型車とスクープ記事 | TB(0) | CM(0)

YAMAHA YZF-R1MとYZF-R1公式動画

ヤマハがEICMAミラノショーで発表した2015年型YZF-R1ですが、上級モデルのYZF-R1Mというモデルもあります。

ヤマハ公式プレスリリース:MotoGPマシン直系のピュアスーパースポーツモデル 新型「YZF-R1」「YZF-R1M」を欧米向けに発売

ヤマハのプレスリリースの説明によると、2015年型のR1は
「200馬力の出力性能に加え、6軸姿勢センサーを市販二輪車として初搭載、高度な制御技術によりライダーが走りに集中できる高次元なハンドリングと走行性能を提供します。」
とあります。 かなり電子制御バイクをコントロールするようですね。 標準でチタンコンロッドやマグホイールとは驚きました。 チタンコンロッドと聞くと、往年のOW01を思い出します。 OW01もチタンコンロッドでした。

そしてYZF-R1Mですが
「上級モデル「YZF-R1M」を設定
 「YZF-R1M」には、サーキット走行でポテンシャルをさらに引き出すためÖHLINS製電子制御サスペンション、ERS(エレクトリックレーシングサスペンション)を採用しています。「IMU」及び、各センサー情報に基づき、走行状況に応じてSCU(サスペンションコントロールユニット)が、前後サスペンションの伸・圧減衰力を統合制御して走行を支援します。また、軽量で質感溢れるカーボン製カウル、走行状況を記録するデータロガー機能、200mm幅リアセミハイグリップタイヤなどを採用しています。」

とあります。 オーリンズのアクティブサスが装備され、カーボンのカウルがR1Mの特徴のようです。 

写真がこちら。 カラーリングもR1より精悍です。
2015YZF-R1M_01.jpg

意外にも、YZF-R1が装備重量199kgで、R1Mが装備重量200kgです。 恐らく電子制御のアクティブサスの装備分が重いんでしょうね。
2015YZF-R1M_02.jpg

200馬力は凄いですね。
2015YZF-R1M_03.jpg

この記事は折りたたんであります。 下の「続きを読む」をクリックお願いします。



[ 2014年11月08日 17:00 ] カテゴリ:新型車とスクープ記事 | TB(0) | CM(0)

HONDA RC213V-S PrototypeがEICMAミラノショーに出展

ホンダが2012年にアナウンスしていた、ロードゴーイングのMotoGPレプリカバイクが、とうとう現実的になってきました。 それがRC213V-S Prototypeです。 もちろんRC213VはMotoGP車両のコードナンバーですが、RC213V-Sの末尾(-S)は、ストリートのSでしょうね。

本田技研公式プレスリリース:EICMA2014(ミラノショー)出展概要

Responceさんのリンク:NRの再来?…ホンダのスーパースポーツバイク、価格は500万円前後か

こちらが写真です。 このカラーリングは1983年にフレディ・スペンサーが乗っていたNS500を思い出しますね。 サイドの日の丸はイメージが違いますが、伝統のHRCカラーです。
Honda_RC213V-S_Proto_03.jpg

こんなのを市販してしまうんだぁ~! 正に現代のNRかRC30ですね。
Honda_RC213V-S_Proto_04.jpg

申し訳程度に付いたミラーとシート後部のウインカー+ナンバーと言った感じです。
Honda_RC213V-S_Proto_05.jpg

この記事は折りたたんであります。 下の「続きを読む」をクリックお願いします。


[ 2014年11月07日 17:00 ] カテゴリ:新型車とスクープ記事 | TB(0) | CM(0)

YAMAHA MT-09 Tracer がEICMAミラノショーでお披露目

ヤマハがファン待望の新型デュアルパーパスツアラーをEICMAミラノショーで発表します。 それがこのMT-09 Tracer(トレーサー)です。

ヤマハ発動機公式プレスリリース:「MT-09」のバリエーション展開でプラットフォーム戦略を推進 欧州向けスポーツマルチモデル「MT-09 TRACER」を発売

ヤマハ発動機公式プレスリリースより一部抜粋
****************
ヤマハ発動機株式会社は、850ccの直列3気筒エンジンを搭載するスポーツモデル「MT-09」をベースに開発したバリエーションモデル「MT-09 TRACER (トレーサー)」を、2015年3月上旬から欧州市場で発売します。

 「MT-09 TRACER」は、 “クロスプレーンコンセプト”の直列3気筒エンジンによる“意のまま”に扱える走行性が人気の現行「MT-09」をベースモデルとし、“Sport Multi Tool Bike”のコンセプトのもと、市街地走行からツーリング用途まで多彩なシーンでスポーティかつ快適な走行を楽しめる“スポーツマルチ”モデルとして開発しました。
****************

ついに出ましたね~! スーパーテネレ1200では重たいなと思っていたヤマハファン待望の1台でしょう。 こちらが実質のTDM900の後継機種になるんでしょうね。 写真がこちら。
2015Yamaha_MT-09_Tracer_00.jpg

私もこちらのMT-09 Tracerは凄く気になります。 MT-09での装備重量は188kg(ABS付191kg)ですから、このMT-09 Tracerは装備重量200kg程度で収まってくれているならば、かなり嬉しいです。
2015Yamaha_MT-09_Tracer_01.jpg

デュアルパーパスツアラーでも、オン主体のロングツーリングに良さそうですね。
2015Yamaha_MT-09_Tracer_02.jpg

フロントのスクリーンがかなり大きめなのも良さそうです。
2015Yamaha_MT-09_Tracer_03.jpg

この記事は折りたたんであります。 下の「続きを読む」をクリックお願いします。


[ 2014年11月06日 17:00 ] カテゴリ:新型車とスクープ記事 | TB(0) | CM(0)

市販予定車 カワサキ Ninja H2がミラノショーで発表されています

今期大注目のカワサキの市販予定車、Ninja H2ですが、とうとう全貌が公開されています。 

川崎重工公式プレスリリース:「Ninja H2」などニューモデル4機種を「ミラノショー2014」に出展

公式プレスリリースではスペック等定かではありませんが、他ソースによるとエンジンはインライン4の997ccスーパーチャージャーエンジンで、ラムエア加給時には207馬力/エンジン単体197馬力と言う事です。

写真はこちら。 先に発表されたサーキット専用のモデル Ninja H2Rとさほどイメージが変わらないです。 凄いデザインですね。
NinjaH2_01.jpg

リアタイヤは幅200/55/ZR17です。
NinjaH2_02.jpg

佇まいがすごいです(笑)。
NinjaH2_03.jpg

角ばったデザインがオンリーワンですね。 KTM RC8よりも更に角張っているデザインが凄いです。
NinjaH2_04.jpg

リアビューも迫力あります。
NinjaH2_05.jpg

この記事は折りたたんであります。 下の「続きを読む」をクリックお願いします。



[ 2014年11月05日 17:00 ] カテゴリ:新型車とスクープ記事 | TB(0) | CM(0)

ヤマハ 2015年型 YZF-R1がフルモデルチェンジ 【YAMAHA 2015 YZF-R1】

ヤマハのスーパースポーツモデルのフラッグシップ機、YZF-R1が2015年型からフルモデルチェンジされます。 ヤマハの予告通り、EICMAミラノショーでデビューですね。

ヤマハ発動機公式プレスリリース:MotoGPマシン直系のピュアスーパースポーツモデル 新型「YZF-R1」「YZF-R1M」を欧米向けに発売

度肝を抜かれた写真がこちら。 今までのR1とはまったくイメージが違いますね。 ラムエアインテークの辺りの感じがレース仕様のYZR-M1のイメージですね。
2015_R1_01.jpg

注目のエンジンは当然クロスプレーンクランクシャフトの直4エンジンで、ラムエアの加給抜きでも200馬力なんだそうです。
2015_R1_02.jpg

この記事は折りたたんであります。 下の「続きを読む」をクリックお願いします。



[ 2014年11月04日 17:00 ] カテゴリ:新型車とスクープ記事 | TB(0) | CM(0)

カワサキ Ninja H2R 鈴鹿サーキット デモラン

カワサキが10月のドイツ ケルンにて行われたINTERMOTで発表したスーパーチャージャー搭載の998cc直4エンジンを積むNinja H2Rですが、11月2日の鈴鹿サーキット 全日本ロードレース最終戦でデモランをしていました。 その動画が早速Youtubeに上がっていたのでご紹介します。

こちらがスタート編


こちらがメインストレート通過編


動画の説明欄によると、ライダー担当の藤原選手のコメントで、1コーナー手前でメーター読み300km/hだったとか! 凄いですね。 ちなみに市販予定車のNinja H2は11月のEICMAミラノショーでお披露目だそうです。

[ 2014年11月03日 17:00 ] カテゴリ:新型車とスクープ記事 | TB(0) | CM(0)

ホンダコレクションホールがWEB上で観覧することができます

最近知ったのですが、ツインリンクもてぎにあるホンダコレクションホール内部を、Google Map上でバーチャル観覧することができるんですね。 

こちらがホンダコレクションホール公式サイト

Google Mapでは、こちらのページから見ることができます。
https://www.google.com/maps/views/view/streetview/japanese-museum/honda-collection-hall/

ちょっと画面をキャプチャしてみたのですが、こんな歴代のホンダ2輪レーサーがずらりと並んでいて興奮モノですね。
HondaCollection02.jpg

ホンダの歴代F1レーシングマシンもこの通りずらりと並んでいます。
HondaCollection01.jpg

ホンダコレクションホールの1-3Fを自由に行き来できるので、思わずバーチャルでウロウロしてしまいました。 今度は是非ツインリンクもてぎに本物を見に行ってみたいと思います。

[ 2014年11月02日 17:15 ] カテゴリ:バイク四方山話 | TB(0) | CM(0)

バイク移動スタンド Easy-P

これは結構欲しい人が居るんじゃないかなと思った商品が、このEasy-Pです。 バイクを移動させるスタンドと言いましょうか? 動画を見れば一目瞭然なので、こちらを貼っておきます。





日本でも同じような商品を見かけたことがありますが、ハーレー等の超重量車でも楽々動かせているのは凄いですね。 限られたガレージのスペースで、このような物は非常に重宝すると思います。

日本で売っていないようですが、公式サイトはこちらです。
http://easypmotorbike.com/

[ 2014年11月01日 17:00 ] カテゴリ:動画 その他 | TB(0) | CM(0)
スポンサードリンク
Ads
プロフィール

コバタケ

Author:コバタケ
ホンダNC700Xに乗る中年ライダーです。基本的に毎日更新のバイク情報Blogなので、よろしくお願いします。

ブログランキング参加中
Blog内検索
カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ(タブ)

2017年 08月 【23件】
2017年 07月 【29件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【30件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【27件】
2017年 02月 【27件】
2017年 01月 【30件】
2016年 12月 【30件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【30件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【30件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【31件】
2015年 12月 【31件】
2015年 11月 【29件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【28件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【29件】
2015年 06月 【31件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【28件】
2015年 01月 【31件】
2014年 12月 【31件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【31件】
2014年 09月 【31件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【29件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【29件】
2014年 01月 【31件】
2013年 12月 【31件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【31件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【32件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【30件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【32件】
2012年 12月 【31件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【32件】
2012年 09月 【32件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【31件】
2012年 06月 【31件】
2012年 05月 【31件】
2012年 04月 【31件】
2012年 03月 【32件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【31件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【33件】
2011年 09月 【30件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【30件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【34件】
2011年 02月 【27件】
2011年 01月 【25件】
2010年 12月 【26件】
2010年 11月 【26件】
2010年 10月 【29件】
2010年 09月 【21件】
2010年 08月 【22件】
2010年 07月 【23件】
2010年 06月 【20件】
2010年 05月 【21件】
2010年 04月 【19件】
2010年 03月 【23件】
2010年 02月 【21件】
2010年 01月 【22件】
2009年 12月 【24件】
2009年 11月 【22件】
2009年 10月 【23件】
2009年 09月 【24件】
2009年 08月 【19件】
2009年 07月 【26件】
2009年 06月 【22件】
2009年 05月 【25件】
2009年 04月 【17件】
2009年 03月 【18件】
2009年 02月 【14件】
2009年 01月 【22件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【15件】
2008年 10月 【11件】
2008年 09月 【11件】
2008年 08月 【12件】
2008年 07月 【5件】
2008年 06月 【2件】
2008年 05月 【1件】
2007年 12月 【1件】
2007年 11月 【4件】
2007年 09月 【1件】

FC2カウンター
リンク
Twitterでツイートしてます