I'm on my way

ほぼ毎日更新!バイク情報ブログ [HONDA NC700X]
I'm on my way TOP  >  2017年03月
月別アーカイブ  [ 2017年03月 ] 

≪ 前月 |  2017年03月  | 翌月 ≫

バイクで東京の夜桜見物は如何でしょう?

東京の桜も来週あたりには見頃を迎えると思います。 こちらの動画は、東京の夜桜を紹介している動画になります。4K撮影なので、大画面で見るとかなり綺麗ですね。


こちらの動画は以前も紹介したのですが、バイクで東京の夜桜見物をしている動画です。

バイクの機動力を活かして、こういった東京都内の夜桜をバイクで見物するのも良さそうですね。 原付き2種のスクーターを使うと、かなりの機動力を活かして良さそうかなと思います。 マイナス面は、バイクで出かけるとお酒を飲めない事でしょうね。 飲ん兵衛の皆さんにはお薦めできないかな…(笑)。


[ 2017年03月31日 17:00 ] カテゴリ:動画 その他 | TB(0) | CM(0)

NC700X ユーザー車検挑戦記 2017年版

愛車のホンダ NC700Xですが、2012年4月に購入していますので、丸5年が経とうとしています。 2017年3月27日にですが、NC700Xで2回目の車検を受けてきました。 前回と同じくユーザー車検に挑戦して結果合格していますので、2回目のバイクユーザー車検の記事として書き記したいと思います。

細かい解説ですが、2015年のユーザー車検挑戦記を参考にして頂ければ良いと思いますので、こちらをご覧ください。
http://kbtkmc.blog44.fc2.com/blog-category-41.html

前回の2015年ですが、3月5日に受けています。 2017年の今年ですが、3月に入っても寒い日が続き、めんどくせぇなあ~と思いつつ、3月4週目に狙いを定めていました。 前回は3月初旬で直前でも予約は割と空いていたと記憶していました。 ところが…?!?。

車両を冬の間保管している実家の近くでユーザー車検を受けようと思っていたのですが、直前の3月20日にネットで車検の予約ページを見たところ、東京都の多摩と八王子の車検場では全く空きがない…。 年度末は車検場も忙しいと聞いていたにも関わらず、私は年度末を舐めていました…(滝汗)

やべぇ~、4月2日が車検証の満了日なので、それまでに受けないと…と思っていたんですが、本来自分の住所の在る山梨県の車検場では、予定を見たら年度末でもかなり空きが在るため、車両を山梨に持ち込んでのユーザー車検を受けることにしました。 前回は多摩、今回は山梨と別の車検場で受けるのも、ブログのネタ的にも美味しいかなと一瞬思いましたけど…(笑)。

車検を受けるネット上の予約で、3月27日の3ラウンド目に予約をしました。 前日の3月26日の朝方に雪が降っていたのですが、当日は曇から晴れになってくれて、ありがたかったですね。

前回と同じく、用意したものですが
・車検証
・現在の自賠責保険証明書
・軽自動車税納税証明書(前年度もしくは直近)
・自分で記入した、二輪車定期点検整備記録簿
・判子(三文判)
・バインダー
・筆記用具
・お金
を用意し、バッグパックに詰め込んで当日は出発です。 

当日にちょっとアクシデントが…。 以前はNC700Xのラゲッジを空にして、そこにヘルメットのショウエイ J-Force3(Mサイズ)を入れて試験に望みました。 今回はヘルメットを変えて、アライのSZ-Ram4(Lサイズ)になっています。 ところが…、ヘルメットが微妙にNC700Xのラゲッジスペースに入らない!! コレには焦りました。 とりあえず、SZ-Ram4のシールドを外してみると、ラゲッジスペースに入ったので、シールドはバッグパックに入れて、ヘルメットはNCのラゲッジスペースに入れて対策をしました。

当日ですが、山梨の車検場に12時過ぎに到着しました。 関東運輸局山梨運輸支局の所在地は笛吹市の石和町にあります

こちらがGoogleマップの写真です。 
Yamanashi_syaken01.jpg

車検場に到着したら、まず2番の建物に行き、重量税と審査証紙、検査登録印紙を購入します。 建物はこちらです。
2017_0327_02.jpg

2番の建物を入り、右側の窓口で「バイクのユーザー車検を受けにきました」と言うと、直ぐに対応してもらえます。 

そして次に自賠責保険の更新です。 2017年からは自賠責保険が安くなっていますね。 前回は24ヶ月で13640円だったのですが、今回は24ヶ月で11520円でした。 前回より2120円安くなっています。

こちらで支払った金額ですが、
・検査登録印紙 400円
・審査証紙 1300円
・重量税印紙 3800円
・自賠責保険24ヶ月11520円
合計17020円でした。 

今回車検にかかった費用ですが、この17020円のみでした。 前回は車検を受ける前に光軸を予備検屋さんで受けたのですが、今回はもしライン検査でNGであれば、予備検屋さんに行って光軸調整する予定でした。 しかしながら、今回は何もしなくても本審査で光軸検査はOKでした。

話を戻し、2番で書類と自賠責保険のお金を払ったら、1番の建物に入り、書類を自分で書き込みます。 1番はこちらの側の建物です。
2017_0327_01.jpg

鉛筆とペンで書き込みますが、書類を書き込むところに例があるので、自分の車検証等と突き合わせれば、難しくありません。 書類作成は2番の建物の代書屋さんでも受け付けていますが、私は節約のため自分で書き込んでいます。

3ラウンド目の受付ですが、12時45分からです。 書類を書き込んで用意し、バインダーに挟んで受付を待ちます。 バイクのユーザー車検を受ける方向けのプリントもあったので、ユーザー車検に挑戦したい方はまずそれを最初に入手したほうが良いかもしれません。 内容的には、スピードメーターの反応をしているのが前輪か後輪かを確認してから来て下さい、みたいな感じでした。 ちなみにNC700Xは、スピードメーターを計測しているのは後輪になっています。

書類を受付で提出し、いよいよライン検査に望みます。 山梨でのライン検査ですが、まず3番に並びます。 
2017_0327_03.jpg

3番レーンに並んでいると、担当者が来てバイク用のラインに誘導してくれます。 その後検査が開始します。 前回と同じく、まず担当者の方に「ユーザー車検なので、宜しくお願いします! ユーザー車検は初心者です!」と挨拶します。 すると、その後の対応が優しく対応してくれることになります(笑)。

まずウインカー、ブレーキランプ、ヘッドライト、ホーン等の検査を担当者の指示で行います。 検査に合格すると、今度はライン検査に進みます。 ラインでは、まずマフラーにプローブを突っ込み、排ガス検査を受けます。 2年前はノーマルマフラーでしたが、去年からNC750Xの純正サイレンサーに付け替えてあります。 しかし、キャタライザーがエキゾースト内にありますし、そもそも純正のNC750X用ノーマルマフラーなので、結果は全く問題ありませんでした。

次にスピードメーターのテストとブレーキのテストに進みます。 スピードメーターの計測は後軸で行い、その次に前後ブレーキのテストを行います。 2年ぶりなのですが、係員の指示を受けながら、問題なく終了しました。

その後は鬼門のライト検査です。 ドキドキしながらライト検査を行いましたが、結果はOKでした! ライト検査がいつも一番緊張しますね。

その後、最後に総て終了の記しを貰い、1番の本館で書類を提出すると、総て終了です。 合格してみると、かなりあっけなく終了しますね。

ライト検査でヘッドライトの光軸がもし不合格になったら、私の場合は予備験屋さんに直行です。 山梨の場合、協和商会さんが料金が安くてオススメです。 私も一回、車のユーザー車検の光軸検査を落ちた時にお世話になりました。 協和商会さんは分かりにくいのですが、下記の場所です。

Yamanashi_shaken02.jpg

上記のGoogleマップキャプチャ図で説明すると、山梨の車検場を出て左に行きます。 250m先の右手の建物が協和商会さんですが、看板が出ていません。 Googleのストリートビューでの写真はこちらです。 こちらの掘っ立て小屋(失礼)が協和商会さんになります。
Yamanashi_shaken03.jpg
光軸調整の料金ですが、協和商会さんに事前に連絡して聞いてみると良いと思います。 マピオンの協和商会さんページはこちらです。
http://www.mapion.co.jp/phonebook/M08008/19211/21930054159/

最後に素朴な疑問なのですが、車検は車検場施設内はノーヘルで受けるのですが、ユーザー車検で自走してきた人って、ヘルメットは一体どうしているのでしょうか? 上記の2番建物、ナンバーセンター山梨の受付の方にさり気なく「ユーザー車検の方はヘルメットどうされているのですか?」と聞いたのですが、「中には預かって下さいと申し出る方もいます」ということでした。しかしながら、3月の繁忙期はお断りしていますとも言っていたので、全員が預かってくれるわけでもないようですね。 その点ですが、皆どうやってヘルメットを保管しているんだろうなあ?? NC700Xの場合、ヘルメットをラゲッジスペースに入れることもできるんですが、その点が大いなる疑問として残っています…(笑)。

[ 2017年03月30日 17:00 ] カテゴリ:NC700Xユーザー車検 | TB(0) | CM(0)

2017 MotoGPがカタールにて開幕しました

2017年シーズンのMotoGPですが、3月26日に恒例になったカタールのナイトレースから開幕しました。

優勝ですが、テストから好調を伝えられていたヤマハのマーベリック・ビニャーレスがポールTOウィンを飾っています。 去年スズキで初優勝したマーベリック・ビニャーレスですが、やはりポテンシャルは高かったんですね。 ドゥカティのドヴィツィオーゾが2位、ロッシが3位、2016年チャンピオンのマルク・マルケスは4位、ドゥカティに移籍したホルヘ・ロレンソは11位でした。 

新しいスター誕生を感じさせるヤマハのマーベリック・ビニャーレスですが、今年はどんな走りを見せるのか注目ですね。

ヤマハ発動機:MotoGP公式ページ
https://race.yamaha-motor.co.jp/motogp/

[ 2017年03月29日 17:00 ] カテゴリ:動画 MotoGP | TB(0) | CM(0)

ヤマハ YZF-R1M 富士スピードウェイでのストレート勝負!

ヤマハのスーパースポーツ最高峰モデル、YZF-R1Mを富士スピードウェイで走らせている動画です。 動画では走行会で走っている他のバイクとの加速勝負として、富士スピードウェイのストレートのみでの動画ですが、すごい加速ですね。

やはり1000ccスポーツモデル以外はストレートでごぼう抜きしています。 流石にBMW S1000RRとカワサキ Ninja ZX-10Rは手強いですが、他のバイクは動くシケインのようですね。 こんなスーパースポーツモデルは、やはりサーキットで走らせてナンボですね。

[ 2017年03月27日 17:00 ] カテゴリ:動画 その他 | TB(0) | CM(0)

HONDA CRF250Rally 3分間インプレッション

ヤングマシンでお馴染みの丸山浩さんの動画で、ホンダのCRF250Rallyインプレッション動画です。

ダカールラリーレプリカモデルなので、やはりシート高は高そうですね。 そのような人にもローダウン仕様のType-LDがあるのも、ホンダらしく細やかなところだと思います。

[ 2017年03月26日 17:00 ] カテゴリ:動画 PV系 | TB(0) | CM(0)

1990年型 ヤマハTZR250 (3MA)インプレッション動画

ヤマハの後方排気型TZR250(3MA)のインプレッション動画です。

私は初代TZR250(1KT)のユーザーだったのですが、3MAの時代にはもうバイクを降りていました。 触ったことが無いのですが、ネットの情報によると、1KTや2XTよりかなりピーキーで整備性も悪かったようですね。 やはりライバルのNSR250Rがなりふり構わずサーキット志向に振っていったので、ヤマハとしても純レーサーTZ250のロードゴーイング仕様として後方排気仕様を出してきたのは時代を感じます。 当時は2-3年経つと、世代が変わったというすごい時代でした。 

[ 2017年03月25日 17:00 ] カテゴリ:動画 PV系 | TB(0) | CM(2)

85キロのターバンを頭に巻いてバイクに乗っている動画

タイトル通りの動画です、インドの人が、85キロのターバンを頭に巻いてバイクに乗っています。 

インドでもかなりインパクトがあるようですね(笑)。 私も昔北海道ツーリングに行った時に、ハーレーに乗っている人が装飾でバッファローの角のようなものをバイクに付けている人を見て、そりゃ~びっくりしたもんです! そんな感じでしょうか?

[ 2017年03月23日 17:30 ] カテゴリ:動画 その他 | TB(0) | CM(0)

マルク・マルケスがホンダX-ADVで雪上走行!

ご存知2016年MotoGPチャンピオンのマルク・マルケスですが、日本でも発売予定のX-ADVで雪上走行をしている動画です。


こちらのRC213Vの雪上走行も、オーストリアのキッツビューエルで行われているので、もしかしたら同じ時期に撮影したのかも知れませんね。


肝心のX-ADVですが、ホンダのNC750X/Sと同じ、パラツイン750ccDCTトランスミッションエンジンを搭載しています。 こちらヤマハのTMAX530の良きライバルになるでしょうか??

[ 2017年03月22日 17:20 ] カテゴリ:動画 PV系 | TB(0) | CM(0)

2017年型 スズキGSX250R オフィシャルPV

日本でも4月から発売予定の新型車、スズキGSX250RのオフィシャルPVです。

私も昔ジェベル250XCというオフロードの250ccに乗っていました。 2007年11月~2012年3月の4年4ヶ月乗っていたのですが、2007年に乗り始めたときには、高速のPAや道の駅にはリッターバイクに乗ったおじさんばかりで、250は随分肩身が狭かったのを覚えています。 それが変わり始めたのは、カワサキのNinja250Rの発売からですね。 だんだんと250ccクラスが活況になってきて、私のようなリターン組や、ビギナーにも良いと思います。 リターンして軽量なバイクでもう一度基礎からバイク操作をやり直せたので、最初に250に乗っておいてよかったなとも思いました。

このGSX250Rですが、GSR250をリファインしたエンジンで、乗りやすいのではないかと思います。 同じクラスのCBR250RRとはかなりコンセプトが違うと思いますが、やはりエントリークラスの250は取っ付きやすさも必要なので、こういった乗りやすいモデルが絶対必要だと思いますね。

[ 2017年03月21日 17:00 ] カテゴリ:動画 PV系 | TB(0) | CM(0)

1990年型 Kawasaki ZEPHYR インプレッション

1990年型のカワサキゼファー(400)のインプレッション動画です。 こちらのゼファーですが、モーターサイクルドクタースダのチューンドバージョンなんですね。

レーサーレプリカが年々過激になっていった時代に、ポンと現れたカワサキゼファーですが、そのゼファーがレーサーレプリカブームを終焉に持っていきました。 Z2のようなフォルムのオーソドックスなネイキッドバイクで、バイク本来の魅力を兼ね備えていると思います。 管理人も一時期ゼファー750が欲しくて、Goo Bikeを眺めていた時期がありました。 空冷のインライン4エンジン+オーソドックスなネイキッドスタイルには、やはり私も憧れがあります。

[ 2017年03月20日 17:00 ] カテゴリ:動画 PV系 | TB(0) | CM(0)

MotoGP 2017 ホンダ ヘレステスト

3月26日にカタールで開幕予定のMotoGP2017シーズンですが、レプソル・ホンダのウィンターシーズンテストの動画です。 こちらは2月後半に行われた、スペイン ヘレスサーキットでのテストの模様ですね。

速いだけではなく、粘り強いレース運びで2016年のチャンピオンになったマルク・マルケスですが、2017年シーズンのマルケスとホンダ RC213Vの戦いぶりにも注目ですね。 優勝争いの筆頭はやはりホンダとヤマハですが、ドゥカティのホルヘ・ロレンソやスズキも絡んでくるのではと思いますから、2017年のMotoGPが楽しみです。

[ 2017年03月19日 17:00 ] カテゴリ:動画 MotoGP | TB(0) | CM(0)

神奈川県警察年頭視閲式アトラクション

こちらは、平成26年神奈川県警察年頭視閲式アトラクションの動画です。 特に注目したのは、オフロードバイクでのトライアル的アトラクションですね。

こちらの車両ですが、恐らくホンダのXR230ではないでしょうか? 年頭のお偉いさんも見ている中のアトラクションということで、乗っている隊員さん達はかなり緊張したんじゃないでしょうか? 仮にもしこれで転んだら、今後の給料の査定や昇進にまで響くのでは???(笑)

[ 2017年03月18日 17:00 ] カテゴリ:動画 白バイ | TB(0) | CM(0)

1987年の1000ccモンスターバイク

1987年型の、日本4大メーカーのフラッグシップモデル、ホンダVF1000R、ヤマハFZR1000、スズキGSX-R1100、カワサキGPZ1000RXを紹介している動画です。

この辺りのモデルですが、今は当然どれも絶版車ですが、絶版車の中でもかなり人気がない車両ばかりですね。 ですが、私の個人的にはホンダVF1000Rとか、スズキのGSX-R1100なんてのはかなり好きな車種です。 絶版と言えばカワサキのZ1、Z2、GPZ900R忍者やホンダのCB系、スズキだとGSX1100Sカタナあたりが人気ですね。 ヤマハの大型車って、絶版車で人気なのは何だろう? FZ750とか、RZV500辺りかなあ…。

[ 2017年03月17日 17:00 ] カテゴリ:動画 その他 | TB(0) | CM(0)

ヤマハ MT-09 新旧比較動画

ヤマハの新型MT-09ですが、モデルチェンジをした新型車両と旧型のMT-09を比較しています。



新型のMT-09ですが、クイックシフターやスリッパークラッチを装備しているので、やはり新型は歴然とした違いがありますね。 私も機会があれば、MT-09を試乗してみたいなあ…。

[ 2017年03月16日 17:00 ] カテゴリ:動画 PV系 | TB(0) | CM(0)

2017MotoGP カタール プレシーズンテスト

MotoGPの合同テストの第3回がカタールで行われました。 その動画をご紹介します。

2017年からボディに装着するタイプのウイングは禁止されますが、ダウンフォースを得るためのブリスターカウルが2017年式のMotoGP車両ではトレンドでしょうか? 特にドゥカティは特徴的なフロントカウルになっています。

その辺りですが、オートバイ&RIDEさんの記事【ついにドゥカティもブリスターカウルを公表!~2017プレシーズンテスト最終回カタール~】を読むと良く分かります。 2016年からの統一ECUだとウィリー等が制御できない→ボディ側でダウンフォースを得るためのウィング装着→2017年は禁止→じゃあボディの中にダウンフォースを得るためのウィングを付けちゃえ、という事なんですね。

2017年のMotoGPですが、3月26日に開幕します。 今年はどんなシーズンになるでしょうか?楽しみです。

[ 2017年03月15日 17:00 ] カテゴリ:動画 MotoGP | TB(0) | CM(0)

1988年型 ヤマハTZR250 (2XT)インプレッション

1988年型のヤマハTZR250(2XT)のインプレッション動画です。

初代TZR250の1KT型ではバイアスタイヤ標準仕様でしたが、この2XTではラジアルタイヤが標準になっています。 しかしながら、ライバルの1988年型NSR250Rは、かなりパワーアップされていましたから、この頃の各サーキットのSPレースではさながらNSRクラスだったようですね。 公道での扱いやすさはTZRの方が上だったのではないでしょうか?

[ 2017年03月14日 17:00 ] カテゴリ:動画 PV系 | TB(0) | CM(0)

追いかけて雪国【バイクスタント編】

これは面白い動画でした。 走りながら自分のバイクに乗っかるスタントを練習中の出来事です。

ギアを1速に入れてアイドリングの状態で走っているんでしょうけど、こんなにも自立して走っていくものなんですね。 自分のバイクを追いかけていく気分って、どういう気分でしょうか? といってもその気分を味わいたくは無いんですけど…(笑)。

[ 2017年03月13日 17:00 ] カテゴリ:動画 クラッシュ系 | TB(0) | CM(0)

50年前のバイクで車検を受けてみる【BMW R50/2】

MotoBasicさんの動画で、「もっと光を! 50年前のバイクで車検を通すハナシ 【クラシックバイクで行こう! BMW R50/2】」です。 このBMW R50/2ですが、1967年製との事です。 私が1968年生まれなので、一コ上の先輩ですね(笑)。



旧車では、ライトの光量がネックになるんですね~。 旧車ならではのお悩みという事で、旧車に乗っていない私には良く分かりませんが、古いバイクや車を乗り続けられない日本の車検制度はすごく疑問に思います。 車も新車登録から13年以上経った車は重量税や自動車税が割高になるのも、なんだかすごく変だと思いますね。

[ 2017年03月12日 17:00 ] カテゴリ:動画 その他 | TB(0) | CM(0)

モリワキエンジニアリングの歴史

バイク乗りではお馴染みのプライベートチューナーである「ヨシムラ」と「モリワキ」ですが、そのモリワキエンジニアリングの歴史を語っている動画です。

モリワキですが、2017年はMORIWAKI MOTUL RACINGとして、JSB1000クラスと鈴鹿8時間耐久レースにエントリーする予定です。

[ 2017年03月11日 17:00 ] カテゴリ:動画 その他 | TB(0) | CM(0)

甦るヒーロー 片山敬済

これは懐かしい動画です。  1984年公開の映画『甦るヒーロー 片山敬済』の動画です。

1977年に世界GPの350ccクラスチャンピオンになった片山敬済さんのドキュメンタリー映画です。 当時は片山敬済さんにも憧れましたね~。 部屋に片山敬済さん+NS500のパルコのポスターを張っていました。 レーサーとして、最も油の乗った時期をホンダNR500の開発に費やしてしまったのですが、当時NS500が出るのがもうちょっと早かったら、もしくはスズキのRGB500に乗っていたら、世界GPで最高峰クラスのチャンピオンになっていたかも知れません。

[ 2017年03月10日 17:00 ] カテゴリ:動画 TV 映画 | TB(0) | CM(2)

2017年型 YAMAHA TMAX530 PV

日本でもファンの多い、ヤマハの2017年型TMAX530のPVです。

こちらの新型TMAX530ですが、2017年型は4月7日より発売です。

【新車】ヤマハ、スポーツコミューター「TMAX530」2017年モデルを発売 走行性能がさらに進化
https://news.webike.net/2017/03/07/88578/

可変式のフロントスクリーンや、DXにはグリップヒーターとシートヒーターまであるそうです。 昔だったらこんなモデルは目が行かなかったんですが、アラフィフの私には凄く良さそうに見えますね。 シート下にはジェットヘル2個分のラゲッジスペースもあるようで、これで北海道ツーリングしたら楽しいだろうなあ…。

[ 2017年03月09日 17:00 ] カテゴリ:動画 PV系 | TB(0) | CM(0)

カワサキ Versys-X PV

3月15日発売予定の、カワサキの新型車 Versys-X 250のPVです。

ホンダのCRF250Rally、スズキのV-Strom250、そしてこのカワサキのVersys-X250と、250ccクラスまでもアドベンチャーモデルが活況になってきました。 私もNC700Xというアドベンチャーモデル(なんちゃって?)に乗っていますが、やはりポジション的にアップライトで非常に楽に乗れる機種なので、一旦乗り出すと、どこまでも走っていきたい気分になりますね。 

私も年齢がアラフィフな年なので、スピードを追求するよりは、このような楽に乗れるツーリングモデルがお気に入りです。 このアドベンチャーモデルの活況ぶりを見ると、やはり皆同じなのかな?と思います。

[ 2017年03月07日 20:00 ] カテゴリ:動画 PV系 | TB(0) | CM(0)

1984 Kawasaki GPZ900R Ninja プロモーションビデオ

皆さんご存知の、カワサキのGPZ900RのPVです。 

このGPZ900Rですが、今から33年前の1984年にデビューしたとは思えない程、現代的なフォルムをしていますね。 エッジの効いたフロントカウルといい、現代でも充分に通用するフォルムだと思います。 未だに街を走っているGPZ900Rを見ると、カッコイイと思ってしまいますね。 

[ 2017年03月06日 17:00 ] カテゴリ:動画 PV系 | TB(0) | CM(0)

2016 HRTD CBR250R Dream cupに、マルク・マルケスとダニ・ペドロサが参戦!

12月4日にツインリンクもてぎで開催されたHonda Racing Thanks Day2016の中で開催されたレース、CBR250Rドリームカップに、ホンダのMotoGPワークスライダーで、2016年MotoGPチャンピオンのマルク・マルケスと、同じくMotoGPホンダワークスライダーのダニ・ペドロサが参戦している動画です。

今年は予選順位そのままのスタートということで、まさにガチンコ対決! それを制したのは、ツインリンクもてぎのCBR250Rドリームカップチャンピオンの、ゼッケン4番小林選手でした! マルケスを抑えての優勝は凄いですね。 でもマルケス、途中で手を抜いていたりしていましたけど…(笑)。

[ 2017年03月05日 17:00 ] カテゴリ:動画 レース系 | TB(0) | CM(0)

YAMAHA オーストラリアMotoGPテスト動画

MotoGPのモビスターヤマハチームが、オーストラリアのフィリップアイランドでテストをしている動画です。 こちらはヤマハMotoGPの公式動画です。




MotoGPライダー最年長のバレンティーノ・ロッシですが、ここ最近はずっとランキング2位に甘んじています。 最後に一花咲かせることができるのか、私個人は注目しています。

[ 2017年03月04日 19:00 ] カテゴリ:動画 MotoGP | TB(0) | CM(0)

スズキ ジクサー インプレッション動画

スズキが1月から発売を始めた、150ccスポーツバイク ジクサーのインプレッション動画です。 スズキのジクサー発表時の公式プレスリリースはこちらです。



空冷の150ccエンジンですが、125cc以上なので高速も乗れます。 果たして高速ではどの位のスピードが出るのかですが、こちらを見るとメーター読みで120km程度のようですね。

こちらは日本製式発売していない、ジクサー150SFというフルカウル仕様なので、日本で発売しているジクサーよりは多少空力が良く、最高速も伸びているかもしれません。 何れにせよ、基本的には高速道路は左端をマッタリ走るだけの感じですかね。

原付2種では乗れない高速道路もいざとなったら乗れる150ccクラスですが、任意保険がファミリー特約には入れないので、ユーザーも限られるかもしれません。 このジクサーはインド生産なので、その辺りのクオリティも興味深い所です。 このジクサーですが、定価31.6万円なので、リーズナブルなのが一番良い部分かもしれませんね。 GOOバイクで調べると、乗り出し30万以下でした。

[ 2017年03月02日 17:00 ] カテゴリ:動画 PV系 | TB(0) | CM(0)

2017年の世界スーパーバイク選手権(WSBK)が開幕!

2017年のレースシーンですが、MotoGPより先に、世界スーパーバイク選手権(WSBK)が、2月26日にオーストラリアのフィリップアイランドで開幕しています。

こちらがレース1の模様


こちらがレース2の模様です


レース1、レース2共に、去年のチャンピオンであるカワサキのジョナサン・レイが優勝しています。 カワサキのNinja ZX-10Rですが、やはり今年も強いですね。 私が注目しているのは、新型のCBR1000RR SP-2なんですが、こちらはまだ熟成不足のようです。 ヤマハのR1も居ますし、ドゥカティも速くなっていますから、今年のWSBKは誰が勝つのか、楽しみになってきました。

[ 2017年03月01日 17:00 ] カテゴリ:動画 レース系 | TB(0) | CM(0)
スポンサードリンク
Ads
プロフィール

コバタケ

Author:コバタケ
ホンダNC700Xに乗る中年ライダーです。基本的に毎日更新のバイク情報Blogなので、よろしくお願いします。

ブログランキング参加中
Blog内検索
カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ(タブ)

2017年 06月 【28件】
2017年 05月 【30件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【27件】
2017年 02月 【27件】
2017年 01月 【30件】
2016年 12月 【30件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【30件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【30件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【31件】
2015年 12月 【31件】
2015年 11月 【29件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【28件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【29件】
2015年 06月 【31件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【28件】
2015年 01月 【31件】
2014年 12月 【31件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【31件】
2014年 09月 【31件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【29件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【29件】
2014年 01月 【31件】
2013年 12月 【31件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【31件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【32件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【30件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【32件】
2012年 12月 【31件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【32件】
2012年 09月 【32件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【31件】
2012年 06月 【31件】
2012年 05月 【31件】
2012年 04月 【31件】
2012年 03月 【32件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【31件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【33件】
2011年 09月 【30件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【30件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【34件】
2011年 02月 【27件】
2011年 01月 【25件】
2010年 12月 【26件】
2010年 11月 【26件】
2010年 10月 【29件】
2010年 09月 【21件】
2010年 08月 【22件】
2010年 07月 【23件】
2010年 06月 【20件】
2010年 05月 【21件】
2010年 04月 【19件】
2010年 03月 【23件】
2010年 02月 【21件】
2010年 01月 【22件】
2009年 12月 【24件】
2009年 11月 【22件】
2009年 10月 【23件】
2009年 09月 【24件】
2009年 08月 【19件】
2009年 07月 【26件】
2009年 06月 【22件】
2009年 05月 【25件】
2009年 04月 【17件】
2009年 03月 【18件】
2009年 02月 【14件】
2009年 01月 【22件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【15件】
2008年 10月 【11件】
2008年 09月 【11件】
2008年 08月 【12件】
2008年 07月 【5件】
2008年 06月 【2件】
2008年 05月 【1件】
2007年 12月 【1件】
2007年 11月 【4件】
2007年 09月 【1件】

FC2カウンター
リンク
Twitterでツイートしてます